真面目な人はメニエール病になりやすい!吐き気や難聴の原因や治療法などについて紹介

Sponsored Links

メニエール病とは、めまいや吐き気の症状を発作的に繰り返す病気です。

フランスの耳鼻科医メニエール氏が報告した病気でメニエール症候群といいます。

メニエールの症状とは?原因や治療法などについて紹介したいと思います。

 

回転性のめまい?吐き気を伴う症状

メニエール症候群の患者の人たちは、多くが激しい吐き気やおう吐を伴います。

発作の持続時間としても1~6時間程度で、稀に24時間続くこともあります。

年齢的には30~40代の人に発症することが多く、高齢の男性にも発症することが多くなりました。

メニエール病を発症することで、何年もかけて徐々に悪化していく傾向があります。

低周波の音が聞こえにくくなったり、難聴や耳鳴りのどちらも感じるときには注意が必要になってきます。

 

メニエール病の原因とは?ストレスから?

人の平衡感覚には重要な役割りがあります。

内耳の内部は、通常リンパ液で満たされているのですが、このうちリンパ液の動きが平衡感覚になります。

メニエール病の原因のひとつとして、この内耳の中の内リンパ液が過剰になることで、内耳が腫れた状態になることです。

ただ、なぜ内リンパ液が過剰になってしまうのかはまだはっきりとは解明されていません。

水腫を大きくしてしまう可能性として、ストレス、睡眠不足、過労などが起因しているのではないかといわれています。

メニエール病以外の内耳の異常で起こるめまいでは、「耳石」は半器官に入り神経を刺激する「良性発作性頭位めまい症」や、血管や血液に関係する脳梗塞や脳出血、高血圧症などが関連して起こるめまいがあります。

異常がある場合には、自己診断せずにしっかりと診察を受けて、検査を受けるようにすることが大切になってきます。

 

メニエール病と感じたとき?耳閉感や耳鳴りが?

めまいが起こる前兆では、耳閉感や耳鳴りを感じることがあります。

耳閉感や耳鳴りを感じた場合には、すぐに安静になることが必要です

安静になる場合には、内耳を刺激しないことが大切です。頭を動かしたり、振る行為は避けてください。

部屋で安静にする場合には、部屋の明るさで吐き気などを伴う場合があります。

さらに部屋を暗くしてテレビやパソコン、スマホなどを見ることは避けてください。

 

メニエール病の対処法?生活スタイル?ストレス?

 

メニエール病になってしまったときの対処法としては、生活スタイルの見直しや処方薬による内服治療、さらに手術などによるものがあります。

・生活スタイルを見直す?

日ごろの生活スタイルを見直すというのは、発作の原因がストレスにある場合があります。

生活スタイルを見直すには、十分な睡眠、適度な運動、栄養のバランスを考えた食事などで規則正しい生活を心がけます。

これだけでも症状が緩和される場合があり、治療になるといえます。

・処方薬による内服薬治療とは?

メニエール病では、強い発作の場合、薬を飲むことができない場合があります。

内服が可能であれば、内服薬の治療を行い、それが無理ならめまい止めの点滴を行います。

メニエール病で処方される薬は、めまい止めや利尿剤を中心とした抗不安薬、循環改善薬、ビタミン剤などを組み合わせたものです。

症状の軽減、治療へとつなげるには、発作の初期段階でうまく内服薬を取り入れることです。

・手術の場合

メニエール病で内服薬を用いた場合、効果がみられないような場合に、手術も検討することがあります。

メニエール病の手術には内リンパ嚢開放術、前庭神経切断術、ゲンタマイシン鼓室内注入術」などがあります。

 

メニエール病になりやすい性格の人とは?几帳面?

 

メニエール病は吐き気を伴うほどの激しいめまいとともに、難聴や耳鳴りの症状があります。

ストレスを抱えやすい人、几帳面な人は要チェックが必要です。

メニエール病の症状は突然、目が回る、回転性の激しいめまいが起き、30分から数時間続くのが特徴です。

症状はそればかりではなく、冷汗や汗を書く場合も。

耳鳴りや難聴と同時に、耳が塞がったような感じがすることもあります。

体質的には痩せているタイプで、几帳面、睡眠不足で過労状態になっている人です。

 

めまいの種類があるの?脳が原因、耳が原因の場合

めまいの原因は大きくわける2つに分けることができます。それは脳が原因で起きる中枢性めまいと耳が原因で起きる内耳性めまいの2種類です。

めまいと言えば、19世紀には脳が原因だと考えられている頃がありましたが、フランスのメニエールという人により、原因は脳だけではなく内耳が原因で起きるめまいもあることを提唱したことから「メニエール病」と呼ばれるようになりました。

メニエール病のメカニズムはまだはっきりとわかってはいませんが、めまいのもととなるメニエール病は全体の5~10%程度といわれています。

 

メニエール病に人におすすめ?栄養素とは?

メニエール病に人におすすめの栄養素というのがあります。

・酵素

酵素には消化酵素と代謝酵素、食物酵素の3種類があります。

食物酵素は身体に備わった酵素の手助けをして、めまいや耳鳴りなどの改善に役立ちます。

・アミノ酸

アミノ酸は生きていく上ではなくてはならない存在ですす。不足すると身体にさまざまな異常が見られてきます。アミノ酸を摂ることで耳鳴りやめまい、難聴などの症状を緩和するといわれています。

・ギャバ

ギャバは脳や脊髄など人間にとって重要な部分に多く含まれています。神経の作用を伝達する物質で、神経をリラックスさせて興奮した神経を鎮めてくれます。

・ギンコライド

ギンコライドはイチョウ葉や銀杏に含まれている成分で、強い抗酸化作用を持っています。

血液をサラサラにし、血行をよくする効果があります。脳や末しょう神経の血流をよくしめまいや耳鳴りに効果があります。

・ルスコニゲン

ルスコニゲンはナギイカダという地中海に生息する植物のエキスに含まれています。

血行をよくする薬として知られています。体内のコレステロールが酸化するのを防ぐことからめまいや耳鳴りに効果があると活用されるようになりました。

 

まとめ

メニエール病はめまいを中心として症状の現れる病気です。

放置しておくと重症化することがあり早めの対応が必要になってきます。

更年期の時期に現れることも多く、気になる症状があればきちんと対処することが必要です。

Sponsored Links
Sponsored Links