【2019】Mr.Childrenドームツアー!チケット争奪戦&熱狂ファンは好きじゃない

Sponsored Links

ミスチルファン歴17年、ファンクラブ会員です!

6月2日に終了した
Mr.Childrenドームツアー「Against All GRAVITY」

デビューしてから27年、ずっと音楽シーンのトップを走っている

Mr.Children。

トップアーティストのライブに一度は行ってみたい!!と

思っている方も多いと思います!

チケットのシステムや抽選事情、ライブのリアルレポ、ファンたちの裏事情など

行ってみないと分からない知っておいて得な情報を

ライブ10回以上参戦の私からお伝えします!

 

ファンクラブに入ってても外れる!厳しいチケット争奪戦!!

 

今回はドームツアー。

http://tour.mrchildren.jp/

各会場3~5万人は入れる箱です。

しかも札幌以外のドームは2日間。

しかし、それでもチケットが必ず取れるとは限らないんです・・・

ただ、チャンスが一番多いのはファンクラブ会員です。

 

チケット応募の流れ

オフィシャルファンクラブ先行抽選

オフィシャルサイト先行抽選

1次~3次くらいまで

ぴあ・LINEチケットなどサイトの抽選

 

 

以上のように複数回抽選が行われるので、どこかで当たれば!!という感じです。

私は1回目のファンクラブ抽選でヤフオクドーム2日目が当選しました!

ツアーの初日・最終日・東京は激選区です。

あと1人で応募すると当たりやすい気がします。

Twitterでミスチルファンの方々のつぶやきをいつも拝見してますが、

今回はかなり多くのファンクラブ会員がチケットを取れずに嘆いていました・・・

おそるべし倍率です。

 

今は電子チケットが主流!転売防止のシステムが空席も生むことに・・・

Mr.Childrenのライブチケットは数年前から電子チケットです。

申し込みの時に同行者も指定していなければなりません。

昔みたいに「チケット取れたから行く?」なんてことができなくなりました。

入場の際には免許証で本人確認もされます。

なので、指定した同行者が行けなくなった場合はその席はやむなく空席となってしまいます。

当選後、ライブまでにチケットトレードのシステムがあるので

それでうまくやりとりできればいいのですが、トレードが成立しないこともありますし、

トレードが終了した後はどうにもできません。

ファンからは不満も出て、ライブのアンケートにもだいぶ意見されているようです。

 

神セトリ・レベル高い演出だけどスマホライトが・・・

 

今回のライブは、とにかくMr.Childrenがかっこよかった!

かっこよく、色っぽく、せつなく、たくましく、圧巻に魅せてくれました。

前回の「重力と呼吸」から照明を駆使した素敵な演出が入るようになって、

さらに気持ちを盛り上げてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

「innocent world」、「tomorrow never knows」など

誰もが分かる曲もたくさんやってくれましたし、

「SUNRISE」、「ロードムービー」、「prelude」

ガチファンにとって一度は聴いてみたかった神曲

私も含め、Twitterでは大盛り上がりでした!

 

 

ライブ全体は和やかで、楽しくて、初めて行く方もきっと乗りやすいですよ!

ただ、熱狂的なガチファンが相当多く、ファン同士で行動をたしなめあうこともあります。

今はアンコールで登場する前に「スマホライト」を点灯する行為が問題になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1回だけ「未完」ツアーの時にそういう演出があったのがきっかけで、

それはMr.Children側からの希望で、みんなでスマホライトを点けて

キレイな無数のライトの中演奏するというものでした。

それ以降はそのような演出はなく、毎回会場では
スマホライト・スマホ操作全般が禁止されています。

それが分からず、「前もやったし」という気持ちで誰かが点けると、

「あ、ミスチルってそういうのやるんだ」と思って点ける人が増えていきます。

その行為にガチファンたちは怒り心頭。

Twitterでもマナー違反だと怒りのつぶやきが多かったです。

怒りはごもっともなんですが、何様のつもりで怒っているのか不思議ですし、

「私が一番ファンなんだ!一番ライブもミスチルのこともわかってる!」みたいな

態度があまり好きになれません。

なのでミスチルのファン友がいません(笑)

 

気にしないで、Mr.Childrenを心から楽しんでください!

 

他にもいろいろめんどくさいことがあるんですが、全然気にせずに、ライブではMr.Childrenの音楽を純粋に楽しんでもらいたいと思います。

きっと明日からの活力になりますよ!

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links