【デートの会話術】恋愛工学のCフェーズのコツは、ラポール形成にある!

Sponsored Links

恋愛工学が提唱するACSモデル、今回はCフェーズのポイントを話します。

ACSモデルとは、Hまでいくための会話術の一つ。詳しくはこちらで書いてます。

ACSモデルのうちのCフェーズ。ポイントは、ラポール形成です。

ラポールとは「親密な関係」、「信頼関係」などと訳されます。

要するに、女の子との信頼関係を作ること、それがラポールです。

ここで説明するラポール作りのコツは4つあります。

どれも簡単に実践できます。

1、共通点を話す

2、自己開示する

3、イエスセットで「はい」と言ってもらう

4、バックドラフトで共感する

では、さっそく見ていきましょう!

Sponsored Links

ラポール作りのポイント① 共通点を話す

共通点を話す理由は、女の子に安心してもらうためです。

人間、知らないことは不安、知っていることは安心する生き物です。

たとえば、初対面の人でも「地元が同じ」「中学校が同じ」「犬を飼っている」など共通点があると話が盛り上がりませんか?

共通点の話題は、お互い話しやすく、引き出しも多いので、話しやすくなります。

それに、相手にとって好きな話題だと、女の子から話してもらえます。

人間は、自分が話したい生き物です。

聞く方が好き、という人は、あまりいません。

確かに、話すより聞く方が気がラク、という人もいるかもしれません。

ですが、そういった人でも、自分の趣味の話になると、口数が多くなるもの。

だからこそ共通点を探し、その話で盛り上がることは、ラポール作りのためには必須です。

 

ラポール作りのポイント② 自己開示

ラポール作りに必要なこと、2つ目は自己開示です。

自己開示とは、あなたの情報をあなたから与えることです。

自己開示とは、「ありのままを相手に話すこと」です。

あなたがどういう人間なのか、どんなことが好きなのか、などということです。

そういわれても、何だか難しいな。

大そうなことでなくてもいいんです。

</p> <p>たとえば、こんなことです。</p> <p>

もう30過ぎなんだけど、ピーマン嫌いなんだよね。子供みたいじゃない(笑)?

今日寝坊しちゃって、間に合わないかと思ったよ。昨日飲み過ぎたのかな。

こうして、昨日あったことや最近見たテレビの話など、本当に何でもいいので、あなたのことを話しましょう。

<strong>ここまでのまとめ</strong>

・女の子とラポールを作る

・ラポールのポイントは、共通点と自己開示

ラポール作りのポイント③ イエスセット

次のテクニック、イエスセットの説明をしましょう。

イエスセットとは、相手に「はい」といわせる話題を振ることです。

マッチングアプリでメッセージを重ねて会っているので、ある程度お互い知っていることがあるでしょう。

それにプロフィールの情報で、事前にわかっていることもあります。

例えば「パンケーキ好き」「事務の仕事」とメッセージで話していたとします。

これをデートでそのまま使うんです。

ミカちゃんは、パンケーキ好きなんだよね?

仕事は事務なんだったよね?

これらの話は、必ず女の子が「イエス」という質問です。

メッセージで「パンケーキ好き」「事務の仕事」とわかっているんだから。

そうだけど、それって意味あるの?って思いますか?

はい。大アリです。

こうしてイエスと言わせ続けることは、2つポイントがあります。
一つは、女の子に話していて心地いいと感じてもらうこと。
もう一つは、話しやすいと思ってもらえるんです。
当然、女の子は好きなことを話しているので、話しやすいに決まっています。

イエスセットから「この人話しやすくていいな」

というラポール作りに役立つんですね。

なるほどね!好きとわかっていても、あえて話してイエスをいわせると

仲良くなれるんだね。

イエスセットの会話例

さきほどの「パンケーキ好きなんだよね?」であれば、こうなれば理想的です。

そうそう。好きだよ。昨日も○○って店に食べに行ったんだ。

あそこのチョコレートパンケーキがスゴくおいしかったよ。

昨日○○に行ったんだね。ミカちゃんは、チョコレート好きなんだ?

うん。好きだよ。

チョコレート好きなんだね。

○○っていったことないけど、オススメなの?

絶対オススメ!行った方がいいよ!

実はこの会話、よくよく見てみると、当たり前のことしか話していないんです。

パンケーキ好きは事前に、好きとわかっているんです。

それに、チョコレートパンケーキを食べたといっているので、チョコレートが嫌いなはずがないんです。

こうして、イエスといわせる話をドンドン振っていくんです。

こうしてみると、出来レースみたいですが、それでいいんです。

イエスと言ってもらうことで、あなたといると心地いいと感じてもらうことが目的ですから。

さらに、この会話の中で、もう一つ重要なラポールのテクニックがあるんです。

それは、バックドラフトです。

ラポール作りのポイント④ バックドラフトテクニック

バックドラフトとは、一言でいうと、オウム返しのことです。
さっきの会話を振り返ってみましょう。「パンケーキ好きなんだよね?」という会話でした。

そうそう。好きだよ。昨日も○○って店に食べに行ったんだ。

あそこのチョコレートパンケーキがスゴくおいしかったよ。

昨日○○に行ったんだね。ミカちゃんは、チョコレート好きなんだ?

うん。好きだよ。

チョコレート好きなんだね。

○○っていったことないけど、オススメなの?

絶対オススメ!行った方がいいよ!

黄色のラインが、オウム返しです。

ラポール作りの中で一番カンタンに実践できます。

なぜなら、女の子の言ったことをくり返しているだけですから。

オウム返しがなぜラポール作りで重要かというと、話を聞いてますよ、というアピールになるからなんです。

バックドラフト3つのポイント

ただ本当にくり返しているだけなら、女の子も不審に思うかもしれません。

バックドラフトテクニックのポイントは、

「そのまま返す」「要約する」「キーワードだけ返す」の3つがあります。

上の例だと、女の子の言ったことをそのまま返しています。

要約なら、こうです。

そうそう。好きだよ。昨日も○○って店に食べに行ったんだ。

あそこのチョコレートパンケーキがスゴくおいしかったよ。

昨日○○でチョコレートパンケーキ食べたんだ?

キーワードだけ返すなら、

○○ってチョコレートパンケーキおいしいんだ?

こういう感じですね。

バックドラフトで注意点は、やりすぎると相手に気づかれることですね。

不自然にならないくらいに、バックドラフトテクニックを使いましょう!

マッチングアプリで出会うと、Cフェーズは簡単!

出会いがマッチングアプリだと、共通点、イエスセットなど、Cフェーズのテクニックは簡単にできます。

なぜなら、女の子のプロフィールに多くの情報があるためです。

ペアーズのプロフィール画面なら、価値観や趣味、ライフスタイルといった項目を選択できます。

女の子のプロフィールにも載っているので、ここから共通点を簡単に探すことができます。

もしなければ、作りましょう。(笑)

同じ趣味は難しいかもしれませんが、ライフスタイルと価値観なら、自己申告ですから簡単です。

たとえば、画像の女の子なら「グルメな人が好き!」がライフスタイルですね。

共通点をアピールするなら、

僕は、食べ歩きが好きなんですよ。

昨日○○って店に行ったんです。

イエスセットなら、こんな感じですね。

○○の店ならパスタが有名ですよね。

パスタ好きですか?

店の情報から、イタリアンの店ならイタリアン好きに決まってます。

そこからイエスを引き出しましょう。

このようにマッチングアプリは、ACSモデルやCフェーズと相性がいいのがわかります。

【恋愛工学】ACSモデルのCフェーズのコツは、ラポール作りにある!まとめ

・ラポールを作る
・ラポールのポイントは、共通点と自己開示
・イエスセットで「はい」と言ってもらう
・バックドラフトで話を聞いてるよ、というアピールをする 

こうしてみると、マッチングアプリで出会ってからデートすると、ラポールが簡単に作れますよね。

プロフィールに書いてあることを話題にしていくと、イエスセットや共通点はできます。

そこから、バックドラフトと自己開示していくと、女の子の心も開いていきます。

マッチングアプリとACSモデルの相性の良さがわかります。

上手く使って女の子と仲良くなってくださいね!

Sponsored Links
Sponsored Links