【厳選】平成夏の甲子園!記憶に残る優勝校(佐賀北、早稲田実業、横浜)を紹介!

Sponsored Links

夏の甲子園が迫ってきています!!

今年もどのようなドラマが繰り広げられ、はたまたどのようなスターが誕生するのかと、すでに期待で胸が高鳴ってきます。

歴代の優勝校の中から、印象深い選手、今もなお語り継がれる甲子園のドラマと共にご紹介していきたいと思います。

平成夏の甲子園を沸かせた記憶に残る優勝校3校

1998年 優勝 横浜高校

「平成の怪物」と呼ばれた、松坂大輔を率いる横浜高校が優勝を果たしました。

当時、この松坂大輔の実力は超高校級で投手成績59登板し441敗、奪三振423

甲子園では負けなしという怪物ぶりだった。

特にこの年記憶に残る試合は、準々決勝PL学園対横浜高校戦だろう7-9で横浜高校が勝利したものの怪物松坂大輔が最も苦しめられた試合だった。

延長17回全投球数250球を一人で投げ抜いた松坂、PL学園の奮闘ぶりと松坂大輔の怪物ぶりは今もなお甲子園ファンにとって最も記憶に残る名勝負となっている。

 

さらには次の明徳義塾戦では、松坂は登板しなかったものの

8回表時点で0-6で横浜高校劣勢、8回裏に横浜は4点を返し9回に松坂の登板0点に抑え、93点を返し逆転勝利します。

 

そして甲子園決勝!京都成章戦ではノーヒットーノーランを達成し優勝!!

松坂大輔のための甲子園だったと言えるほどの圧巻ぶりで歴代最も偉大な甲子園投手と呼ぶにふさわしい結果だった。

後に松坂世代と呼ばれるプロ選手(藤川、實松、村田、和田、杉内、矢野etc…)を数多く輩出した年であり、そのメンツもそうそうたるもので、1998年の優勝がどれほどに難しく、どれほど偉業であったかを物語っています。

 

2006年 優勝 早稲田実業

「ハンカチ王子」こと、斎藤佑樹投手率いる早稲田実業が優勝した年、決勝の相手は今もなおメジャーで活躍を見せる田中将大投手率いる駒大苫小牧でした。

駒大苫小牧は2005年の甲子園優勝校!
早稲田実業も斎藤佑樹のスター性と実力により注目されていました。

その強豪2校の激突は凄まじいものでした。

甲子園としては37年ぶりとなる「甲子園決勝引き分け再試合」

両エースの投げ合いにより延長15回1-1で引き分けという内容でした。

再試合では4-3で斎藤佑樹率いる早稲田実業が勝利、どちらの投手も後にプロ入り、田中将大に至っては、日本を代表する投手にまで成長する片鱗を見せつけた試合です。

 

プロ入り後に続くドラマも含めて、人々に大きな衝撃を与えた試合といえ、今もなお甲子園の記憶に残る名勝負として語り継がれています。

 

2007年 優勝 佐賀北高校

「なにも絶対的なエースや、スラッガーの存在が甲子園の優勝を決める要因というわけではない、野球は9人でやるものだ」

と教えられた年、がばい旋風でおなじみの佐賀北高校です。

当時、佐賀北高校は明らかに下馬評でも不利の状況で試合に臨んでいた

というのもスポーツ推薦などで優秀な選手はいたが、公立高校で私立高校ほど特筆するほどの選手ではなく、世間でも「無印集団」と皮肉を込められて呼ばれていた。

宇治山田高校との対戦では延長15回、引き分け再試合を経て勝利!


試合は1回表に佐賀北が副島浩史の安打とエラーで2点を先行。宇治山田商も5回裏に満塁から中井大介のライト線への走者一掃3塁打と西田拓郎の左中間安打で一挙4点を奪い逆転。その後佐賀北が1点ずつ奪い同点に追いつき延長戦へ。延長に入ってからは、13回表に佐賀北が1死満塁、1打勝ち越しのチャンスを掴むも、ライトフライと空振り三振。結局無得点のまま44の引き分け。前年の夏の決勝、早稲田実業駒大苫小牧戦以来2年連続史上5度目の引き分け再試合となった。

引き分け再試合となった第1試合(2回戦)は、佐賀北(佐賀)が宇治山田商(三重)を9―1で下し、3回戦へ駒を進めた。

この試合で佐賀北は波に乗ったといっても良いでしょう!
選手たちが一気に上達しているのがテレビを通しても分かりました。

準々決勝ではあの名門競合の帝京

帝京は多くの優れた投手を揃え、4番には中村が座り、また足もある打線。
ここ2季連続で8強以上!!
この年の帝京は全国制覇行けると数多くの高校野球ファンが予想。

さすがの佐賀北も地力の差、それに加えてすでに4試合を戦っている疲労で、帝京には敵わないのではないかと思われました。

が!!

試合は、延長13回に帝京のエースナンバーが力尽きてきたところを佐賀北がしっかりと捉えてサヨナラ勝ち。帝京は終盤に何度も好機を作りながらも結局一度もリードできませんでした。

この試合は佐賀北高校の「守備の上手さ」が光った試合でした。
特にスクイズの時の久保君のフィールディング!絶対にここぞの1点を与えませんでしたね。

準決勝では隣県校対決となった長崎日大

この試合ではこの夏一番の死闘を勝ち抜いてきた佐賀北と、春夏通じて初の4強入りを果たした長崎日大が対戦。

練習試合では一度も長崎日大に勝利した事のない佐賀北でしたが死闘を勝ち抜いてきた佐賀北ナイン!!実力はもう計り知れないものとなっていました。

試合は2回、江頭が長打で3塁まで進むと、続く馬場がスクイズを成功させ先制。4回にはこの回先頭打者の大串が出塁すると、長崎日大投手・浦口が暴投しラッキーな追加点。7回裏には代打で登場した重松が四球で出塁すると、ピンチランナーの内川が登場。盗塁で得点圏に進塁すると、送りバント、犠牲フライと内川の足を活かした作戦で、終盤貴重な追加点を得た。投げては佐賀北・馬場が7回3安打の好投。8回からは“ゼロの守護神”久保がマウンドに上がり、長崎日大を完封し決勝の切符を手に入れた。

https://youtu.be/0DfUACW3DEw

 

決勝では野村祐輔投手(現広島カープ投手小林誠司捕手(現巨人捕手)率いる広陵高校

こちらも超名門であり強豪校!!
広陵の勝利予想が大半を占めていた。

しかし、佐賀北の選手たちは「しっかりやれば、勝負できる、みんな堂々としていた」と、当時アルプスにいた3年水田選手は語ったといいます。

また、「広陵のアルプス席以外は全部、佐賀北の応援だった」
と野村が語っていた通り、アルプスは県立校である佐賀北の応援で溢れていました。

時が止まったあの一打

「奇跡だ」「心臓が止まるかと思った」。副島の放った逆転満塁本塁打が左翼席に突き刺さる。22日の甲子園決勝戦。佐賀北は、広陵(広島)を5―4で下した。7回には、これまで無失点を続けた久保が、ついに2点を与えた。試合の流れが広陵に傾きかけた矢先の会心のホームラン。打球の行方を見守ったスタンドは、その瞬間大揺れに揺れた。
7回までわずか1安打に抑えられていた打線が、土壇場で集中力を発揮した。逆転劇はエース久保が呼び込んだ。4点を追う8回1死から、自身では甲子園初となるヒットを放って出塁。代打・新川の右前安打と2連続四球で1点を返し、なおも満塁と攻めたてると、今大会3本目となる副島の逆転満塁本塁打が飛び出し、試合をひっくり返した。

 

佐賀北はこの日も無失策。あきらめない気持ちと、鍛え抜かれた守備陣の踏ん張りで勝利をたぐりよせた。5回には三塁手副島、6回には二塁手田中が強烈な打球を確実に処理。5―4と逆転して迎えた9回には、無死から同点の走者を許したが、続く打者の犠打で併殺に打ち取り、ピンチをしのいだ。

8回までリードされ敗色濃厚な状態に、まさかの佐賀北、副島選手の逆転満塁本塁打が飛び出し逆転、スタンドは総立ち状態となり打った当の本人も「点差が計算できなかった」というほどに劇的な一打でした。

 

時が止まったあの1球

佐賀北高校に敗れた広陵高校の中井哲之監督が、試合終了後「審判の判定がひどすぎる」と怒りを記者団にぶつけたことが物議を呼んだ。

明らかな「ストライク」を「ボール」と判定され押し出し。
ピッチャーが動揺し次のバッターに逆転満塁ホームランを打たれた、というものだ。

「あんな判定をされるとどう対処していいのかわらない。どこに投げたらストライクなんですかね。あの押し出しで野村は腕が振れず真ん中に投げるしかなかった。普段は何も言わない子供たちが『先生、たまりません』と。負けた気がしない」

と普段は何も言わない子供たちが「先生、たまりません」と声を荒げた。

しかし後日談がある。

広島に戻った広陵は選手だけのミーティングを開いた。
「準優勝で良かったという人生を送れるように、これから頑張っていこう」と誓い合った。
あのとき屈辱を味わった9人のうち、4人が大学や社会人を経由して、プロに進んだ。野村は「日本一になれなかった悔しさがあったから、大学で頑張れた」。野村、土生、そして遊撃手の上本崇司は広島に、小林は巨人に入団。野村は2016年に最多勝を獲得し、小林は17年のワールド・ベースボール・クラシックで日本代表の正捕手をつかんだ。
主将の土生は言う。「みんな負けを生かした。今はプラスでしかない」。中井監督は「みんなプロに行くような素材じゃなかった。結果からしたら、もったいなかったけど、色んなものを与えてもらった」と目を潤ませた。

あの夏、敗者となった広陵ナインは甲子園優勝の悔しさを胸に甲子園優勝以上の力を今、得ているようです。

この一戦は必ずしも予想された結果通りに強豪校や注目選手のいる高校が勝つわけではないという事を世に知らしめた一戦であり、あの一球がストライクだったら?と思わせる試合でした。

 

まとめ

甲子園を形容する言葉に「筋書きのないドラマ」という言葉があります。

これは結果は本当にふたを開けるまでわからないし、下馬評通りに試合が進行するわけではないという事を意味しています。

だからこそおもしろく感動を与えてくれる高校球児たちを、今年も来年もいつまでも応援していきたいと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links