佐々木朗希(大船渡)の身長・体重は?出身地や中学校と家族構成も!

Sponsored Links

こんにちは!Yumeです。

2018年夏。岩手県でまたしても怪物級のピッチャーが誕生したようです。

そのピッチャーの名前が佐々木朗希選手。

なんと、154kmもの投球を高校2年生という若さで投げたそうなのです!

これは、第二の大谷翔平となるかもしれませんよね。

そこで今回は「佐々木朗希(大船渡)の身長・体重は?出身地や中学校と家族構成も!」と題して大船渡高校所属、佐々木朗希選手について、身長や体重などのプロフィールや、出身地や中学校はどこなのか?について迫ってみたいと思います!

また、この怪物を育て上げた家族構成についても調査してみました。

どうぞ、最後までご覧下さい。

【あわせて読みたい】

Sponsored Links

佐々木朗希(大船渡)の身長・体重は?出身地や中学校と家族構成も!

プロフィール

名前:佐々木朗希(ささき ろうき)

生年月日:2001年11月3日

年齢:16歳(※2018年7月時点)

出身地:岩手県陸前高田市

身長:189cm

体重:81kg

投打:右投げ・右打ち

ポジション:ピッチャー

家族構成:母・兄・弟

学歴:陸前高田市立た方小学校→大船渡市立猪川小学校→大船渡市立第一中学校→岩手県立大船渡高校

岩手県の大船渡高校野球部に所属している佐々木朗希選手。まだ2年生という若さで154kmもの投球をしてしまったので、野球界が見逃す訳がありませんよね!

身長も189cmとかなり大きい印象があります。また、昨年(2017年)の夏ころから体作りのために1日6合ものご飯を食べることで10kg以上も体重を増やしており、執筆現在は81kgほどの体重があるそうです。

10kgの増加ですから、この1年でかなり身体も大きくなったのでしょうね!それに、まだ高校2年生ですから、もしかしたら身長ももっと伸びるかもしれません…。

「3年A組」「半分、青い。」連続でヒロイン抜擢!永野芽郁の人物像とプロフィールを調査!

佐々木朗希選手はいつ野球を始めたの?

佐々木朗希選手は、小学3年生のころから野球を初めています。

9歳の頃に東日本大震災を経験されており、ご自宅を流されるなどの被害を受けたそうです。

当時、佐々木朗希選手が生活を営んでいた陸前高田市は、東日本大震災により地形が変わってしまうほどの被害が出た場所ですから、震災後に佐々木朗希選手も生活の場を変えることを余儀なくされました。

そこで、引っ越し先に選んだのが、現在佐々木朗希選手が通っている大船渡高校のある大船渡市だったようです。

大船渡市立第一中学校で中学時代を過ごされた佐々木朗希選手は、中学時代は軟式野球部で野球をされています。3年生の夏には、オール気仙というチームに所属をしてKB東北大会に出場し、見事に準優勝をという成績を納めています。

中学校の頃から注目を浴びるような選手だったため、全国の高校から声がかかったようですが、中学校の頃の仲間と共に甲子園に行きたい!という想いが強く、地元の県立大船渡高校に進学することを選択されたそうです。

【佐々木朗希選手の「家族」情報はこちら】

佐々木朗希の家族構成(父・母・兄弟)は?中学校や出身地はどこ?

佐々木朗希選手は、第二の大谷翔平になれるか!?

大船渡高校は、近年ではあまり目立った成績をあげることのない高校ではありましたが、佐々木朗希選手はその環境の中でも、メキメキと実力をつけて才能を発揮しだします。

1年生の頃から公式戦に出場された佐々木朗希選手は、自己最速の147kmk/hを叩き出し、1回1/3を3奪三振、無失点に抑えてしまうのです。

また、佐々木朗希選手は「第二の大谷」とも呼ばれており、二刀流プレーヤーとしての素質も合わせもあっている選手のようです。

なんと、50mを5秒9の速さで走ることができ、持ち前の俊足を活かして盗塁も積極的に行うようです。

野手としての実力もかなりのものだそうなので、バッターとしてよりもこうした部分でピッチャー+αの才能を発揮しています!

そんな佐々木朗希選手ですが、現時点でどんな球種を投げることができるのでしょうか?

佐々木朗希(大船渡)の最速急速や投げられる球種は?

高校2年生で最速154kmを投げ、一目置かれる存在として注目されることになった佐々木朗希選手ですが、なんと大船渡市立第一中学時代には軟式で141kmを投げていたそうです!

中学生・軟式で141kmって…。ちょっと、すごすぎて笑っちゃいますよね。(笑)

佐々木朗希投手は、大船渡高校では1年生からベンチ入りしていて、その年の夏の岩手県大会では8回2アウト2・3塁の場面で公式戦初登板しています。その際に投げた投げたストレートは全14球。

その14球はなんと全て140km/hを超えていて、最速は147km/hだったそうです。

毎年6kmほど早く投げられるようになっていることが分かりますね…。

並大抵の努力ではここまで実力をつけることができないと思いますので、きっと日々野球に没頭されているのでしょうね!

【追記】ついに160 km/hオーバーを投げる!

佐々木朗希選手自身「3年になったら160 km/hオーバーを投げられるのを目標にする」と宣言しています。

そしてついに、現実になりました!

佐々木は、横浜(神奈川)内海貴斗内野手(3年)の3球目に投じた直球が、ネット裏のプロスカウトのスピードガンで163キロをマーク!

これまでエンゼルス大谷翔平選手が花巻東(岩手)で高校3年夏に岩手大会で160キロをマークしており、高校野球の最速とされていました。

さて、ストレートでここまで早い球を投げることができる佐々木朗希投手ですが、他にはどんな球種を投げることができるのでしょうか?

調査したところによると、現在ストレートの他に投げることができる球種は、スライダーとフォークが投げられるそうです。

しかし、早い球を投げられる長所はありますが、コントロールはまだ安定していないようです…。

投球のコントロールには下半身の強化が大切だと聞きますので、今後の成長がさらに楽しみなところです。

現時点で当時の大谷選手の投球速度を超えているので、もしかしたら高校在学中に大谷選手の記録を抜いてしまうかもしれませんよね!

現時点で、すでに各球団のスカウトから注目をされている佐々木朗希投手ですが、

楽天の宮越スカウトは

「今年でもドラフト1位候補。身体能力は高いし、球もまだ速くなる」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000278-sph-base

と話していることから、やはりさらなる成長が期待できそうですね!

 

【まとめ】佐々木朗希(大船渡)の身長・体重は?出身地や中学校と家族構成も!

今回は「佐々木朗希(大船渡)の身長・体重は?出身地や中学校と家族構成も!」と題して、岩手県の新たな怪物佐々木朗希投について、身長や体重などの情報から、出身地や中学校と家族構成まで調査してみました。

東日本大震災を経験されている佐々木朗希投手。

震災をきっかけに幼い頃に住む場所を変えざるを得ないような状況になるなど、壮絶な過去を持っていることが分かりました。

しかし、そのような逆境の中でも野球を辞めることなく続け、才能を開花させた佐々木朗希投手を僕はこれからも応援したいと思いました。

佐々木朗希投手。さらなるご活躍を期待しております。

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

Yume。

【合わせて読みたい】

佐々木朗希の家族構成(父・母・兄弟)は?中学校や出身地はどこ?

吉田輝星の中学校や出身地と家族構成(父・母・兄弟)は?球速球種も

Sponsored Links
Sponsored Links