深夜の飯テロ!ドラマ『孤独のグルメ』本当に食べてるの?撮影秘話を調査!

Sponsored Links

10月4日深夜の放送から『孤独のグルメseason8』がスタートしました!

松重豊さん演じる主人公・井之頭五郎が、実在する飲食店でひたすらに食事をしていくというストーリーですが、

深夜の魅力的な食事シーン…!

見ているとどんどんその虜になってしまいます!

ドラマのメインは井之頭五郎の食事シーンですが、撮影はどんなふうにおこなわれているんでしょうか?

今回は、人気シリーズとなっている孤独のグルメの撮影秘話について調査してみました^^

ぜひ最後までご覧ください♪
【合わせて読みたい】

孤独のグルメseason8スタート!

10月4日深夜からスタートしたドラマ孤独のグルメseason8は、2012年1月からテレビ東京系でテレビドラマシリーズ化されたドラマです。

主人公・井之頭五郎を演じるのは、俳優の松重豊さん

今回のseason8は、毎週金曜日深夜0:12から放送されます。(テレビ大阪は翌週月曜日深夜0:12から)

この孤独のグルメドラマシリーズは、久住昌之氏の漫画『孤独のグルメ』が原作です。

漫画『孤独のグルメ』は、扶桑社の『月刊PANJA』誌上で1994年から1996年にかけて連載され、『SPA!』2008年1月15日号に読み切りとして復活。

以後『SPA!』上で2015年まで新作が掲載されていました。

原作は次のような内容になっています。

個人で輸入雑貨商を営んでいる井之頭五郎(いのがしら ごろう)が、仕事の合間に立ち寄った店で食事をする様を描いたグルメ漫画である。

料理の薀蓄を述べるのではなく、ひたすらに主人公の中年男が独りで食事を楽しむシーンと心理描写を綴っているのが特徴である。

ドラマティックな展開などは少なく、あたかもドキュメンタリーのごとく淡々と物語が進行する。

引用:Wikipedia

テレビドラマ版は、原作をもとにつくられていますが、エピソードは基本的にあえて原作を使わず、全てドラマオリジナルのエピソードとなっています。

ストーリー構成は基本的に、五郎が顧客の元へ向かうシーンから始まり(途中で軽く食事を摂る場合もある)、顧客との商談を終えた後、空腹を満たすべく付近で店を探して食事、店を出た後に感想を独白し、その場を立ち去る場面を背景にエンディングロール、となっている。食事シーンがメインである点は原作と同じだが、原作ではほとんど触れられることのない「本業」である輸入雑貨の購入を検討する顧客とのやり取りが概ね毎回描かれている。

引用:Wikipedia

松重さんは本当に食べているの?

ドラマ撮影中、松重豊さんはもちろん本当に食事をしています

撮影する時は、まず食事シーンを撮影し、その後にアフレコを入れるそうです。

紹介される店は関東中心の大衆食堂など実在する庶民的な飲食店です。

放送後は「同じものを食べてみたい」と長蛇の列ができるとのこと^^

このドラマを見ると、誰しも松重さんが美味しそうに食べる姿に惹きこまれてしまいます!

放送時間が深夜であることもあって、〝深夜の飯テロ〟なんていう声も挙がっています。

孤独のグルメの撮影秘話

season8に突入したロングヒットドラマである孤独のグルメ

松重豊さんが本当に食事をしているシーンが中心となるドラマには、どんな撮影秘話があるんでしょうか?

松重さんの大変な食事シーン

松重豊さんが実際に食べているお店の食事は本当に美味しそうですが、成人男性の一食分としてもやや多め。

でも役のイメージからは意外なことに、松重さんはそんなに大食漢ではないらしく、食べるのに結構苦労しているとのこと。

実際に営業している店舗で撮影するので、撮影は開店前の早朝からするそうです。

松重さんも「お店が開く前の朝6時くらいからの撮影だった。朝から完全に胃腸を起こさないといけなくて」と、朝早くからのドカ食いに苦労したと言われています。

また、極限の空腹状態で臨むために、前日から食事を抜いているとのこと。

さらに、「撮影で太った? ってよく聞かれたんですけど、痩せました。午前中にバカみたいに食べるから、その後2日間くらい食べれなかったりして、整腸剤をずっと飲んでた」なんてお話されていました。

アフレコ方法に驚き!

食事シーンで流れるアフレコは、井之頭五郎の人柄を十分に表しながら、的確に料理の美味しさを伝えてくれます。

驚いたことに、松重豊さんが映像を何も見ずにアフレコを入れているとのこと。

アフレコで入れるモノローグは、撮影時には頭に入っていて、松重さんが自分で間をとっています。

テストのときは心の声を声に出して話したりして、どのくらい空ければいいかを計算して、実際にアフレコを入れる時にはスタッフが秒数だけをカウントして伝えているそうです。

登場するお店の選び方は?

スタッフのお店を選び方も感心してしまいます。

1シーズンにつき150軒程度もスタッフが手分けして回り、同じ店に複数回通った上で撮影オファーを出しているそうです。

逆にお店の方から売り込んでくることも多いそうですが、それは一切受けていないとのこと。

つまり、スタッフが選び抜いた本当に美味しいお店が登場しているということですね!

まとめ

今回は、10月4日深夜から始まったドラマ『孤独のグルメ』の撮影秘話について調べてみました。

松重豊さんの演じる井之頭五郎の食べっぷりは、色々な苦労を伴いながらつくられていたんですね!

ぜひドラマを見て深夜の飯テロを共有しましょう^^
【合わせて読みたい】

Sponsored Links
Sponsored Links