運動不足を解消したい!ダイエットしたい!すぐ始められるランニングがおすすめ!

Sponsored Links

何かしないと!と思いつつ、時間だけ過ぎていませんか?

運動不足も自覚していて、体重も増えてきたし、たるみや衰えも感じる・・・

何か運動したいし、しないといけないけど、いざ行動を起こすとなると重い腰が上がらないですよね・・・

 

そんな方におすすめなのは「ランニング」です!

必要なのはシューズとウェアだけ!(最初は手持ちのシューズとジャージ等でもOKです!)

道具もいらないし、場所も用意しなくていいし、技術も必要なし!

身一つで始められます!

私もバスケをしたり、キックボクシングをしてみたりしましたが、メンバーが必要ですし、会場まで通わないといけないし、長続きしませんでした・・・

でもランニングは「走ろう!」と思い立ったらすぐ走りに行けるので、マイペースに続けてこれました。

もう継続して3年目になりますし、今年はマラソンにも挑戦する予定です!

 

無理しないで、自分のペースで走り出しましょう!

三日坊主にならないためにも、自分なりの楽しみを見つけながら走ることが大事です。

 

①小さな目標からクリアしていくこと

最初はウォーキングでもOKです。

「まず1㎞いってみよう」とクリアできそうな目標から実行していきましょう。

目標を達成すると充実感が得られるし、次の目標もたてやすく、「次もがんばろう」と思えます。

 

②ウェアやシューズなどお気に入りのものを身につけてテンションアップ!

街で市民ランナーの方たちを見たことはありますか?

結構カラフルなTシャツやパンツを着て、オシャレです。

普段は着ない色でもランニングでは明るい色や蛍光色のウェアもスタンダードです。

お気に入りのウェアやシューズで走るとテンションも上がりますし、「新しいウェア着て走ろう」と走るモチベーションにもなります。

 

③タイムを計ってみましょう

タイムを計るようになると、「前より速くなった!」と自分の成長を感じることができて楽しくなります。

計っているのと、計っていないのとでは「走り」も変わってきます。

やはりタイムを意識して走ると刺激になりますし、良い緊張感も持てます。

「1時間は走る」など時間から決めて走るのもいいですね。

 

ランニングは有酸素運動!全身を使うので全身スタイルアップ!

 

ダイエット効果が期待できるランニング方法

・ランニング前にストレッチや筋トレを行う

・起床後か食事前にランニングをする

・ずっと同じペースで走ることを心がける

・20分以上走る

 

以上のことを行うと、脂肪燃焼を促すことができます。

 

 

ランニングによる嬉しい効果

・血行促進で美肌に!

・ストレス発散効果あり

・全身運動で気になる背中やヒップがスタイルアップ

 

 

走るだけでこんなに効果があるなんて、走る活力になりますね。

私も実際ランニングをしていて、肩甲骨まわりがキレイになったし、ヒップアップも実感しています。

普段かかない汗も相当かくので老廃物が出ているなぁとスッキリ爽快になりますし、ストレス発散にもなっています。

 

走るのが楽しくなる!おすすめのランニンググッズ

①ランニングウェア

 

 

 

人気のブランドは、ナイキアディダスミズノプーマアシックスなどです!

色の組み合わせやブランドの組み合わせもみんな自由にしていて、コーディネートも難しくないです。

シューズを選ぶ場合は、足のサイズを測ってもらい、店員さんにアドバイスをもらうと選びやすいです。

インソールもあった方がいいので、シューズと足に合うものを一緒に選びましょう。

 

②サングラス・キャップ

 

 

 

 

日中走る方には特におすすめな小物です。

キャップは紫外線防止になるのと同時に、女性は髪が乱れるのも防げます。

サングラスは私の周りでも所持率が高いです。

日差しが出てないときは頭にあげたり、後ろからかけたりするのもこなれ感が出てオシャレです。

 

③ランニングウォッチ

 

 

最初はスマホやランニングアプリでタイムを計っていても、欲しくなっていくのがランニングウォッチです。

走りながらでもすぐタイムが確認できますし、脈拍を測定できるウォッチにすると自分の力が目に見えるので、より楽しくなります。

人気なのは、GARMINEPSONSuuntoなどです。

色んな種類と機能があるので、自分に合ったものを選びましょう。

 

効果を感じながら、継続しましょう!

タイムがあがった、スタイルアップできた、ランニング友達ができた・・・など、ランニングを通して得たものはきっと今までの生活を変えてくれます。

無理に走ることはなく、めんどくさい時は休んでOK。

自分が走りたくなるモチベーションを見つけて、楽しく走りましょう。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Links
Sponsored Links