アーチャリー(松本麗華)の大学は?現在の年収や職業についても!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんにちは。Yumeです。

2018年5月29日の「世界が仰天!」では、あの地下鉄サリン事件を巻き起こしたオウム真理教の教祖、麻原彰晃こと松本智津夫死刑囚の三女が登場します。

しかもホーリーネームである「アーチャリー」という名前で。

日本中を震撼させた地下鉄サリン事件。

その首謀者の娘がテレビに、しかもホーリーネームで登場するとは…。

番組では事件後の人生を語る内容になっていますが、一体どんな人生を歩まれてきたのでしょうか?

そして、なぜ今あえてホーリーネームである「アーチャリー」という名前を使用してテレビに出演するのでしょうか?

今回は、番組中では取りあげられないアーチャリーこと松本麗華さんの経歴(大学)や、現在の職業とその年収について「アーチャリー(松本麗華)の大学は?現在の年収や職業についても!」と題して、迫っていきたいと思います。

どうぞ、最後までお付き合い下さい。

Sponsored Links
Sponsored Links

アーチャリー(松本麗華)の大学やプロフィールは?

名前:松本麗華(まつもと りか) 

ホーリーネーム:アーチャリー

生年月日:1983年4月生まれ。

学歴:文教大学臨床心理学科卒。

好きなこと:食べること、身体を動かすこと、興味のあることを探求すること

父親:松本智津夫(元オウム真理教教祖:麻原彰晃)

最近テレビなどのメディアで見かけることが増えてきたアーチャリーこと松本麗華さん。

上記の動画の中で自身の半生について、そしてオウム真理教や父親について語られていますが、どうやら幼い頃は義務教育すらまともに受けさせてもらえなかったとのことです。

地下鉄サリン事件発生時には11歳だったアーチャリーさんは、事件発生後10人ほどのオウム真理教メンバー共に「いわき」へ移住して新しい生活を始めようとします。

しかし、事件の影響もあり義務教育を受けることを拒まれてしまったそうです。

この時のことをアーチェリーさんは「学校に通いたかった。部活をするのが夢だった。」と話されています。

友達を作って、学校に通うという当たり前の行動をすることが許されなかったアーチャリーさん。その辛さは苦しみは想像が及びません…。

その後も高校、大学へと進学を希望されますが、入試試験は通っても入学を拒否されてしまいます。

最終的には文教大学臨床心理学科へとご入学され、無事ご卒業なさったようです。

アーチャリー(松本麗華)の現在の年収や職業についても!

上記でご紹介したように、最近になってテレビに取り上げられることが多くなっているように感じるアーチャリーさん。

現在の職業や年収にいて気になりましたので、調査してみました。

まず、アーチャリーさんのご職業についてですが、インストラクター、カウンセラー(日本産業カウンセラー協会、日本人間性心理学会に所属)として活躍をされているようです。

また、執筆活動もされており、地震の人生を綴った「止まった時計」という書籍を2015年の3月に販売されています。

義務教育を受けることができず、幼い頃は字が読めず言葉の意味を理解することすら難しかったとご本人は語っています。

その方が書籍を出すまでになったということは、きっと想像以上のご苦労をされたことでしょうね。

さて、現在のご職業が分かったところで次に気になってしまうのは、やはり年収。

アーチャリーさんは最近テレビでの露出度も増えてきましたので、知名度も上がり年収や収入も上がってきているのではないでしょうか?

ちなみに、アーチェリーさんのご職業の一つであるカウンセラーのお仕事について、平均的な年収を調査してみました。

時給:5250円
週あたりの配置時間:10時間程度
年間:35週配置

上記のデータから計算すると、勤務校が1校のみだとおおよそ年収180万円になります。2校かけもちすると年収360万円、3校だと年収540万円です。かけもちできる学校の数は2〜3校が一般的でしょう。

引用: https://biz-shinri.com/counselor-annual-income-4275

どうやら上記の情報によると、働き方にもよるようですが、決まった職場が見つかればそれなりに安定した収入を得られる職種のようです。

また、上記でご紹介をしたアーチャリーさんの執筆された本「止まった時計」は1512円で販売されています。

2015年に販売された本であることや、アーチャリーさんにしか書くことが出来なかった内容の1冊となっていることや、最近のテレビ出演でもかなり注目が集まることが予想されますので、さらに収益が上がりそうです。

これからのことから僕が予想するには、アーチャリーさんの年収は300万〜500万ほどではないかと思われます。

テレビ出演や本の印税収入にはかなり波があると思いますので、幅を持った予想とさせていただきました。

まとめ

「アーチャリー(松本麗華)の大学は?現在の年収や職業についても!」と題して、今回はお送りして参りましたが、いかがでしたでしょうか?

あの地下鉄サリン事件は、日本中を震撼させた事件として脳裏に焼き付いていますが、事件の被害者の方ならばなお一層のことと思います。

しかし、今なおあえて松本麗華さんが「アーチェリー」というホーリーネームで活動をする背景には、オウム真理教や地下鉄サリン事件をはじめとする事件を巻き起こした団体に所属していた過去の自分を忘れるのではなく、しっかりと背負って行きていこうとする姿勢と決意から来るものであることが分かりました。

つい、あの事件の関係者であった事実を耳にすると、やはり斜に構えた見方をしてしまいがちですが、右も左も分からない幼い頃にあのような団体の中での生活を強いられていたのだと思うと、

一人の人間としてかなりご苦労をされて今まで歩まれてきたのだと感じました。

普通の方とはかなり違った経歴をお持ちの松本麗華さん。

今後も、過去につちかってきた辛い経験すらも糧にしてさらにご活躍されることを心から願っております。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

Yume。

Sponsored Links
Sponsored Links