安田章大(関ジャニ∞)の髄膜腫の症状は?再発や後遺症の可能性は?

Sponsored Links

こんにちは!Yumeです。

関ジャニ∞の安田章大さんが髄膜腫の発生し入院していたことが明2018年7月2日に明らかとなりました。

安田章大さんが発症した髄膜腫という病気の症状は一体どういうものなのでしょうか?

また再発の可能性や後遺症になる事はあるのでしょうか?

本日は「安田章大(関ジャニ∞)の髄膜腫の症状は?再発や後遺症の可能性は?」と題して安田さんの髄膜種の症状と再発や後遺症の可能性について調査してみたいと思います。

それでは最後までご覧ください。

Sponsored Links

安田章大(関ジャニ∞)の髄膜腫の症状は?

https://twitter.com/kantele/status/1013749217259544576

関ジャニ∞の安田章大さんが髄膜腫を発症し、すでに手術が終わっていることを聞き、驚いた方は多いのではないでしょうか?

公式サイトでは「安田は2017年2月上旬に髄膜腫という良性の脳腫瘍の摘出手術を行いました。手術は無事に成功し、現在も経過は良好でございます。」と発表がありました。

また「2018年4月9日に立ちくらみが原因で誤って転倒してしまい、背中と腰に全治3ヶ月の骨折を負いました。渋谷すばるの記者会見に出席することができなかったのはこの骨折が原因でございます。」とも発表がありました。

立ちくらみで転倒をして、骨折をするほどの体調不良だったということですので、術後の経過が心配なところですし、脳の病気だと聞くととても不安になります。

公式発表にもあるように、術後の経過は良好だそうですので一安心ではありますが、関ジャニ∞の安田章大さんが発症した「髄膜腫」という病気は一体どんな病気だったのでしょうか?

そこで、ここでは「髄膜腫」という病気の症状について迫ってみたいと思います。

髄膜腫とは?

脳を包んでいる髄膜と呼ばれる膜の細胞からできてくる腫瘍で、脳そのものを圧迫するように大きくなります。原発性脳腫瘍の代表的なものの一つで、女性に多い腫瘍で、ほとんどは良性です。また、多発することもあります。最近は脳ドックの普及で無症状であるにもかかわらず、偶然みつかることも多くなりました。

引用:http://dr-fukushima.com/brain-disease/explanation_08

関ジャニ∞の安田章大さんが発症した髄膜腫について、どのパターンの髄膜腫か?ということまでは公表されていませんでしたので、種類は分かりませんが、上記でご紹介をしたように多発することもあり得る病気のようです。

早期で発見することができたため、さほど大きな手術も必要がなかったのではないでしょうか?

髄膜腫の再発や後遺症の可能性は?

大きな手術をしていたのにも関わらず、術後すぐにライブを行っていただなんて、すごいですよね!

脳の病気で怖いのは、再発や後遺症に関する心配事ですが、術後すぐにライブを行っていた様子から想像するに、後遺症となるようなものはなかったのでは?と思われます。

また、再発の可能性に関してはこちらの情報が参考になりました。

治療の基本は手術による摘出です。再発を防ぐためには腫瘍を摘出するだけでなく腫瘍の周囲の硬膜をある程度いっしょに摘出する必要があります。

引用:https://square.umin.ac.jp/neuroinf/medical/208.html

手術の仕方により再発を防止することができるようです。

今回、関ジャニ∞の安田章大さんが発症した髄膜腫は良性であるとのことでしたので、転移や再発の可能性はかなり低いと言えるのではないでしょうか?

ネットの反応も!

まとめ

今回は「安田章大(関ジャニ∞)の髄膜腫の症状は?再発や後遺症の可能性は?」と題して、関ジャニ∞の安田章大さんが発症した脳腫瘍について、その症状や再発と後遺症の可能性について調査してみました。

脳の病気と聞くと、とても心配になってしまいますが、公式発表にもあったように良性のものということですので、手術が正しく行われていれば再発の可能性もほぼ無いようですし、術後すぐにライブを行っていることから、後遺症の心配はなさそうです。

とは言っても、大手術であったことには変わりないと思いますので、関ジャニ∞の安田章大さんには休める時にはしっかりとお休みをとっていただき、またファンの前に元気な姿を1日でも早く見せていただきたと思います。

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

Yume。

Sponsored Links
Sponsored Links