大人気だったキンプリの担降りが続出⁈Twitterの反応やファン離れの理由を探る!

Sponsored Links

2018年のデビューからうなぎ登りの人気が続いていたKing & Prince

そんなキンプリは今、どんどん担降り(ファンを辞めること)が続出しているといいます。

なぜ大人気だったキンプリのファンが減っていっているのでしょうか?

今回の記事では、King & Princeの担降り続出の理由についてまとめてみました!

ぜひ最後までご覧ください^^
【あわせて読みたい】

キンプリの担降りが続いている⁈Twitterの反応は?

2015年結成、2018年デビュー後に人気急上昇したKing & Prince

デビュー曲の『シンデレラガール』は大ヒットとなり、その年のNHK紅白歌合戦から出場するといった活躍ぶりです。

しかし、最近ファンを辞める人が続出しているようです。

ネットでもキンプリのキーワードに「担降り」(ファンを辞めること)という言葉がよく挙がっています。

https://twitter.com/ryuryu_01_/status/1234844397151248391?s=20

https://twitter.com/_rf___818/status/1210555423113142273?s=20

https://twitter.com/natsunatsu_xX/status/1209414709658574849?s=20

Twitterでも『#担降り』とハッシュタグをつけてツイートしているものも多く、「担降りをするのでキンプリグッズを譲りたい」という内容のツイートが目立ちます。

ファンの多いキンプリなので、担降りについてのツイートは以前からありましたが、特に2019年末頃から続出しているように見えます。

キンプリの担降りが続出している理由は?

人気絶頂だったはずのキンプリの担降りが増えているのはなぜでしょうか?

それはどうやらキンプリの活動に理由があるようです。

いつまで経っても冠番組を持てない

ジャニーズのグループが冠番組を持っているなか、キンプリはまだ冠番組がありません

まだデビューして2年経ってはいませんがが、かなりの人気グループにも関わらず冠番組を持っていません。

先日デビューしたばかりの後輩グループであるSnow Manはジャニーズ史上最速で冠番組決定し、キンプリは先を越されています。

現在の人気があってもいつまでも冠番組を持てない状況に、ファンは見切りをつけてしまったのかもしれません。

次のシングルが出ない

キンプリの前回のシングルが出たのは2019年8月。

4枚目のシングル「koi-wazurai」以降、新曲のリリースが半年以上ストップした状態です。

2019年末頃から担降りが続出しているのも、夏以来一向に新曲の情報がないことで諦めたファンがいると思われます。

露出が少ない

現在ジャニーズにプッシュされているのはSixTONESやSnow Manで、明らかにキンプリはメディア露出が少ない状況です。

活動が目立っているのはエースである平野紫耀さんくらいで、グループ全体としては活動が停滞している状況です。

岩橋玄樹の復帰の目処が立たない

2018年10月からパニック障害の治療のため休養している岩橋玄樹さんの復帰の目処も立っていません

グループとしての活動が奮わないのも岩橋さんがいない状態であることが一つの理由のようです。

メンバーの熱愛疑惑

そんななかキンプリメンバーの熱愛疑惑が挙がっています。

平野紫耀さんと平祐奈さん、髙橋海人さんと大和田南那さんは、それぞれお相手が交際匂わせをしているとファンの間で有名です。

活動が奮わない状況で熱愛疑惑が挙がるというのは、ファンも幻滅してしまいますね。

まとめ

今回はKing & Princeの担降り続出の理由について考察してみました!

デビュー時から高い人気があったとはいえ、最近は活動が奮わないことから人気に陰りが見え始めました。

冠番組が決まらない、新曲が出ない、露出が少ない、岩橋玄樹さん復帰の目処が立たない、熱愛疑惑といった理由から担降りが続出しているようです。

今後このファン離れを食い止めることができるのか、キンプリの活動に注目していきたいと思います^^

最後までご覧くださりありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links