【FX初心者向け】FXは怖い?失敗しやすい?覚えておきたいFXのメリット・デメリット

Sponsored Links

FXのデメリット

レバレッジ取引で強制ロスカットになることも

FX取引のメリットでレバレッジ取引のメリットを挙げたが、当然損をすることもあります。

損をするときとは、ドル円がこれから上がると予想し、買いポジションを入れます。

しかし、ドル円が下がった時に含み損となり、含み損が増えていくと強制ロスカットとなり証拠金がなくなってしまいます。

レバレッジをかけて取引すれば、お金をすぐに増やすこともできますが、逆を言えばお金をすぐになくすことも言えます。

レバレッジをかけて取引する場合は、リスク管理も心がけましょう。

FX業者が倒産することも

FX業者も会社であるため、倒産するリスクがあります。

せっかくFXで利益を得たのに、FX業者が倒産し利益が引き出せないということもあります。

FX業者を選ぶ際は、利用規約をしっかりと読み、倒産した際も資産が守られるのかをしっかりと確認してから口座を開くことをお勧めしたいです。

世界の事件に影響される

FX取引では、通貨が主役なので当然扱っている通貨の国が事件を起こせばその通貨は暴落します。

通貨ペアをドル円として、アメリカでテロが起きたりするとドルが売られ、円が買われることになります。

そのため、ドル円チャートは円高にすすみチャートが下がっていく形になります。

ポジションを持っている時にそういった事件がいつ起きるか誰にもわからないためいきなり証拠金を失うことになります。

【まとめ】

FXの最大のメリットは、レバレッジです。

しかし、レバレッジがデメリットになることもあります。

ギャンブル性を求めてレバレッジを高くしてしまうと証拠金をなくしてしまう可能性があります。

FXは人気の金融商品ですが、損をする可能性もあります。そのため、FXを行うときはリスクのことも知っておかなければなりませんね!

以上、ニュースモンスター投資担当のナツメでした!

ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links