端本悟の両親・兄弟などの家族はいる?生い立ちや出身地はどこか調査

Sponsored Links

こんにちは。Yumeです。

オウム真理教の元信者である端本悟の死刑執行が報道されました。

先日の麻原彰晃氏の死刑執行から1ヶ月以内の死刑執行となったため、異例の出来事だったとも報道されましたね。

さて、そこで今回は「端本悟の両親・兄弟などの家族はいる?生い立ちや出身地はどこか調査」と題して、端本悟氏の家族(両親・兄弟)などの家族に関する情報や、生い立ちと出身地についても調査してみました。

どうぞ、最後までご覧下さい。

Sponsored Links

端本悟の両親・兄弟などの家族はいる?

2018年7月26日にオウム真理教元信者である端本悟氏の死刑執行が報道されました。

オウム真理教の元信者の死刑執行が一気に行われている印象ですよね。

端本悟氏は60歳であることから、両親がいらっしゃればかなりのご高齢となっていることが想像できます。

ちなみに、両親について調査をしてみたところこんなエピソードを発見しました。

宗教による洗脳というのは本当に怖いですよね…。

ご両親は端本悟氏の行動を必死に止めようとしていたことが分かります。もしも自分が両親だったら…と思うと、計り知れないほど辛いお気持ちだったのではないかと思います。

このとき、端本悟氏は両親に対して「21年間幸せに育ててくれてありがとう。でも戦争を止めなきゃ」と話したそうです。

ちなみに、端本悟氏の両親は新聞社を営んでいました。兄弟はなく一人っ子として育っています。

端本悟の生い立ちや出身地はどこか調査

端本悟氏の出身地は東京都調布市です。

また、生い立ちとしては出身高校は東京都立狛江高等学校。大学には一浪して早稲田大学法学部に入学しています。

卒業後は青年海外協力隊や弁護士になることを夢見ていたようですが…。

ちなみに、大学では空手道場に通ったり、空手サークルに所属し部長を務めているほどでした。

しかし、1988年12月31日には大学を3年で退学し、オウム真理教へ入団しています。

入団した経緯としては、すでにオウム真理教に入信をしていた友人の脱会を説得するために、オウム真理教のセミナーなどに参加しているうちに、感化されてしまったと言われています。

まさに、ミイラ取りがミイラになったような状態。洗脳による恐ろしさを感じます。

まとめ

今回は「端本悟の両親・兄弟などの家族はいる?生い立ちや出身地はどこか調査」と題して、オウム真理教の元信者であった端本悟氏の両親や兄弟についてと、出身地や生い立ちなどを振り返って調査してみました。

オウム真理教の洗脳の恐ろしさを感じることができるエピソードがたくさんありましたね。

今回の死刑執行で罪を償われたことにはなりますが、被害者の心の傷は決して消えることはありません。

きっと、全力で入信を止めようとしたご両親もこうなる未来が予想できていたのかもしれません…。

今回も最後までご拝読いただきありがとうございました。

では。Yume。

Sponsored Links
Sponsored Links