平尾龍磨容疑者の愛媛から広島までの逃走経路と手段が判明?

Sponsored Links
Sponsored Links

こんにちは!Yumeです。

2018年4月30日。

「平尾龍磨容疑者によく似た男の身柄を広島で確保!」とニュースが流れました。

3週間にわたって逃亡をし続けた平尾龍磨容疑者。

どうやら、広島県広島市の路上でその身柄を確保されたようです。

愛知県今治市の松山刑務所から脱獄をしたあと、今日に至るまでいったいどんな逃走経路をとってきたのでしょうか?

そこで今回は「平尾龍磨容疑者の愛媛から広島までの逃走経路と手段が判明?」と題して、今日まで平尾龍磨容疑者が辿って来たと思われる逃走経路を調査・考察してみました。

どうぞ最後までお付き合い下さい。

Sponsored Links
Sponsored Links

平尾龍磨容疑者逮捕の瞬間がコチラ!

Twitterってすごいですね!平尾龍磨容疑者逮捕の瞬間がツイートされていました。

報道の方々もこのツイートに飛びついていましたね!

広島市内で何をしているときに確保されたのでしょうか?

3週間に渡る平尾龍磨容疑者逮捕の瞬間でした。


発見されたのは、マツダスタジアムがある南区だったようです!

逮捕現場周辺の住所(松田スタジアム)

広島県広島市南区南蟹屋2丁目3-1

平尾龍磨容疑者の愛媛から広島までの逃走経路と手段が判明?

今回、平尾龍磨容疑者が発見された広島市内までと、脱獄先である愛媛県の松山刑務所の距離を調査してみると、

直線距離でも、およそ84km!

真っすぐと広島を目指すとなると、海を渡らなければならないので、もちろんそれは無理ですが、

車を使用しても、198km

時間にして2時間48分かかる道のりのようです。

4月27日時点で、広島県尾道にある防犯カメラに平尾龍磨容疑者と見られる男性の姿が映っていたことから、警察は山中を中心に平尾龍磨容疑者の姿を捜索していたようです。

防犯カメラに写った映像は白黒で、傘もささずにひげを伸ばした男が映っており、警察は頭の形などから、この人物を平尾龍磨容疑者と判断したとのことでした。

警察による必死の捜索劇の後、ようやく逮捕に至った訳ですが、それにしても発見までかなりの期間が経ってしまいましたよね。

かなりの距離がありますが、身を隠しながら公共交通機関を利用せずに移動するには充分な距離ではないでしょうか?

逃走経路やその手段について、新しい情報が入り次第追記致します。

新着情報が入りました!

広島県警からの発表によると、平尾容疑者は島外へ「海を泳いで渡った」と話したそうです。

海を渡らなければならなかった今回の逃走劇の逃走手段は、なんと「泳いで渡った」ということのようです。

脱獄者といえども、かなり必死の行動です。

 

 

平尾龍磨容疑者逮捕!ネットの反応は?

今回の逃走劇に関するネットの反応はどうだったのでしょうか?いくつかピックアップしてみました!

様々な情報があった中、このような意見が出てくるのも仕方のないことです。

しかし、大きく的を外していましたね。

恐らく平尾龍磨容疑者自身も、何かしらの方法で捜査状況を把握した上で逃走経路を計画したはずなので、海を泳ぐという無謀とも思える作戦でここまで逃げ切れることができたんですね。


そうですね。やはり気になるのは、その「逃亡・脱獄理由」ではないでしょうか?
こちらも、情報が入り次第迫っていきたいと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は「平尾龍磨容疑者の愛媛から広島までの逃走経路と手段が判明?」と題して、愛知県今治市の松山刑務所から脱獄をしたあと、今日に至るまでいったいどんな逃走経路をとってきたのか?

ということについて、調査してみました!

かなり長い期間の逃亡生活を送ってきた平尾龍磨容疑者。

そのそうぜつな逃亡生活はのちのちテレビ特番とかを組まれて、ドラマチックに再現されそうですよね。

犯人逮捕に至るまでの間、近隣住民の方々の不安もかなりあったことかと思います。

今は事件の解決と究明が一日でも早く行われることを願うばかりです。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

では!

Yume。

Sponsored Links
Sponsored Links