熊本発砲事件の場所は?犯人の特徴やケガ人の被害状況は?徹底調査!

Sponsored Links
Sponsored Links

2018年5月28日の夕方「熊本県熊本市内2箇所で発砲事件が発生し、ケガ人も出ている」と速報ニュースが流れました。

発砲事件だなんて、物騒すぎますよね。

近隣に住む住民の方は特に心配になりますよね。

今回は「熊本発砲事件の場所は?犯人の特徴やケガ人の被害状況は?徹底調査!」と題して、この熊本市内2箇所で発生した発砲事件について、徹底調査しました。

Sponsored Links
Sponsored Links

熊本発砲事件の場所は?

https://twitter.com/sokuho_kun/status/1001029122506637312

「熊本市内2箇所で発砲事件!」と報道がありました。

SNSによると「6発ほどの銃声が聞こえた」とのことです。

住宅地で発生してしまったこの発砲事件。6発もの銃声が聞こえたとなれば、近隣に住む方はとても怖い想いをされたのではないでしょうか?

まずは、その事件発生場所について見ていきましょう。

報道では「熊本市内にある託麻消防出張所付近」とありましたので、こちらの情報を共有させていただきます。

事件発生現場付近住所:熊本県熊本市東区下南部1丁目3

熊本発砲事件の犯人の特徴は?

「銃刀法違反の現行犯で成人の男を逮捕した。」とすぐに報道がありました。

逮捕時には刃渡り15cmほどの刃物を持っていたため、銃刀法違反で逮捕となったようです。

この犯人はどんな風貌の男性だったのでしょうか?

情報が入り次第追記します。

【追記】

男が近くの消防署の出張所で緊急車両の車庫の前を塞いでいるという通報があり、警察官が駆けつけたところ、男に抵抗され、警察官も包丁で切りつけられたということです。

このため、警察官が男に向けて拳銃を数発発砲し、男は弾に当たって病院に搬送されましたが死亡したということです。

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180528/k10011456031000.html

犯人の男性は警察の発砲した弾丸を浴びて亡くなったようです。

一体。このひどい事件を巻き起こしてしまった犯人の犯行動機は何だったのでしょうか?

熊本発砲事件のケガ人の被害状況は?

速報ニュースによると「ケガ人が複数人出ている」と報道がありました。

https://twitter.com/Smile_RuiRui25/status/1001030667239546880
また、この情報によると亡くなった方もいらっしゃたようです。

他の被害者の方の被害状況はどうなっているのでしょうか?
https://twitter.com/shinichi_r919/status/1001023552319967239
刃物での切りつけもあったようです。

ネットの反応は?

近隣住民の方は不安な時間を過ごしていることかと思いますので、一刻も早い事件の完全解決を願います。

【追記】

熊本市で刃物を振り回した男に警察官が発砲、けが人が出ているということです。 警察によりますと、熊本市東区で傷害事件を起こした男が逃走しました。警察官が追ったところ刃物を振り回したため、警察官が発砲、警察官と男がけがをしたという情報が入ってきています。

引用:上記YouTube説明欄

どうやら発砲をしたのは、警察官だったようです。

まとめ

「熊本発砲事件の場所は?犯人の特徴やケガ人の被害状況は?徹底調査!」と題して、熊本市内2箇所で発生した発砲事件について調査してみました。

事件発生の報道後すぐに犯人が逮捕されたようなので、少し胸を撫で下ろしたといったところですが、

最近このような物騒な事件の発生をよく耳にするように感じますので、

この事件について、警察にはしっかりと捜査をして、事件の再犯防止に務めて欲しいと感じました。

今回も最後までご閲覧いただきありがとうございました。

では。

Yume。

Sponsored Links
Sponsored Links