スギモト・トモユキの顔画像!北朝鮮に拘束された理由・原因がww

Sponsored Links

こんにちは!Yumeです。

2018年8月26日夜。

北朝鮮で拘束をされていた「スギモト・トモユキ」という日本人男性が解放されました。

正式には「解放」ではなく「追放」だそうです…。

一体このスギモト・トモユキという人物は北朝鮮に向かってどんなことをしたのでしょうか?

拘束されるほどですから、かなりの機密情報を得ようとしたのか…?

そして、何よりこのスギモト・トモユキという人物はどんな人物なのかが気になりますよね。

そこで今回は「スギモト・トモユキの顔画像!北朝鮮に拘束された理由・原因がww」と題して、北朝鮮に拘束されていたが、追放という形で解放されたスギモト・トモユキ氏の顔画像や、その拘束理由と原因について迫ってみたいと思います!

それでは、本題に入っていきましょう。

Sponsored Links

スギモト・トモユキの顔画像!

「日本人観光客『スギモト・トモユキ』を寛大に許す」という内容から、北朝鮮のタブーに触れてしまうようなことをこのスギモト・トモユキという人物はしてしまったということが分かります。

一体何をしでかしてしまったんだか…。

そこで、やはり気になるのはこの「スギモト・トモユキ」という人物がどんな人間なのか?

ということですよね。

そこで、スギモト・トモユキ氏の顔画像や経歴について調査してみました。

しかし、現時点ではニュースが報道されたばかりの段階であることから、このスギモト・トモユキという名前しか分かりませんでした。

ですが、ここまで大きなニュースになってしまえば、もしかしたら顔画像をさらされるようなことも考えられますよね。

顔画像に関する情報が入り次第追記致します。

スギモト・トモユキが北朝鮮に拘束された理由・原因がww

では、このスギモト・トモユキ氏という人物は北朝鮮に対してどんな行いをしてしまったのでしょうか?

拘束をされるくらいですから、その理由や原因が気になるところです。

https://twitter.com/xgXioMtmAd2bDkh/status/1033736563568521216

調査をしてみましたが、やはりその拘束理由や原因に関しては情報は無いようです。

しかし、ネットでは様々な憶測が飛び交っていますね。

もしも、この上記の方の意見が正しければ、かなり勇気(?)のあるユーチューバーですよね。(笑)

しかし、案外平和ぼけしている人ならば、安易な気持ちでカメラを向けてはいけないところに向けてしまうというようなミスを犯してしまうことも考えられますよね。

日本はやはりとても安全な国なので、国境を一つまたぐだけで、ルールが変わってくるという認識が甘い方も多いのかもしれません。

「法に違反して摘発されたが、人道主義の原則に従って寛大に許した」としている。

引用:https://www.sankei.com/world/news/180826/wor1808260024-n1.html

拘束理由や原因は明らかにはなっていませんが、法に違反をしてしまったようです。

寛大に許しを得ることができたとのことではありますが、本当に国際的な問題に繋がりかねない、危険な行為ですよね…。

 日本政府関係者によると、日本人は映像製作の仕事に関わる滋賀県出身の39歳男性とみられる。男性は外国の旅行会社が企画したツアーで北朝鮮を訪れたといい、過去にも北朝鮮に渡航していたとの情報がある。

引用:https://www.sankei.com/world/news/180826/wor1808260024-n1.html

このスギモト・トモユキ氏はどうやら、39歳映像製作の仕事に関わる滋賀県出身の方のようです。

んん…。この辺の情報から「ユーチューバーでは?」なんて言われちゃったんでしょうね。

39歳ともなれば、常識のある大人だとは思いますので、節度のある対応をして欲しかったと思います。

ネットの反応は?

まとめ

今回は「スギモト・トモユキの顔画像!北朝鮮に拘束された理由・原因がww」と題して、北朝鮮に拘束されたスギモト・トモユキ氏について、顔画像はあるのか?また、拘束されてしまった理由や原因はなんだったのか?

ということについて調査してみました。

スギモト・トモユキ氏は39歳の男性とのことですが、この年齢ならば「間違って法を犯した。」とはなかなか考えられないですよね…。

今回は北朝鮮の寛大な優しさで助かることができましたが、一歩間違えば(もう間違っているのかもしれませんが。w)国際的な大問題に繋がりかねない行為だと思います。

個人の判断で、他国の法に反するような行為をしてしまうことは、同じ日本人として残念でなりません。

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

では!Yume

Sponsored Links
Sponsored Links