日本人スパイが中国で行った内容は?名前や顔写真はあるか調査!

Sponsored Links

2018年7月10日に中国でスパイ行為を行ったとして拘束されていた日本人に実刑が言い渡されました。

平和な日本という国で過ごす身としては、スパイという行為そのものが映画の中での出来事のように感じてしまうところがありますが、今回実刑が言い渡されたのは、日本人だったとのことで、なんだか現実味を強く感じてしまいました。

さて、この今回実刑が言い渡されることになった日本人スパイは、中国でどんな内容のスパイ行為を行ってしまったのでしょうか?

そこで今回は「日本人スパイが中国で行った内容は?名前や顔写真はあるか調査!」と題して、この日本人スパイが中国で行ったスパイ活動の内容についてや、日本人スパイの名前や顔写真はあるのか?ということを調査してみました。

どうぞ、最後までご覧下さい。

Sponsored Links

日本人スパイが中国で行った内容は?

2018年7月10日日本時間の16:30前速報ニュースで、日本人初となるスパイ活動に関与した人が中国で実刑を受けることが決まったという話題が飛び込んできました。

中国で2015年以降、日本人がスパイ行為などを疑われて相次いで拘束された事件で、浙江省杭州市の中級人民法院(地裁に相当)は10日午前、最初に同省温州市で拘束された愛知県の50代の男性に、刑法のスパイ罪などで懲役12年の実刑判決を言い渡したことが分かった。日中関係筋が明らかにした。一連の事件で起訴された8人のうち判決が出るのは初めて。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000045-asahi-int

懲役12年とはかなり長いですね…。

日本人が中国でスパイ活動を行ったと認められ、実刑を言い渡されるのはかなり異例の事態だそうです。

これを受けて、今後の日中関係のにも影響を及ぼす危険があるのでは?と心配される声も聞かれています。

このように、現時点ではまだはっきりとした内容は報道されていませんので、日本人スパイが行ったとされるスパイ活動の内容に関しては明らかにされてはいません。

日本人がスパイを行なったという事実が、今でも信じられませんが実刑を受けたということは、それなりの証拠が発見されたということだと思います。

中国にとって、不利になるような情報をスパイが獲得しようとしていたのならば、かなり危険な行為を行っていたということになりますよね。

日本人スパイの名前や顔写真はあるか調査!

今回、中国で実刑を受けることになった日本人は50代の男性であることは報道されていますが、名前や顔写真に関する内容は公開されていません。

50代で実刑12年ですから、日本に帰国できるのは62歳の頃。

その頃には、この事件に関する内容が報道されることがあるのでしょうか?

先のことすぎて分かりませんが、外国で実刑を受けることになったこの男性は、これからの12年間という長い時間を拘置所で過ごさなければなりません。

スパイ行為が本当ならば、かなりリスキーなことをされましたよね。

まとめ

今回は「日本人スパイが中国で行った内容は?名前や顔写真はあるか調査!」と題して、日本人初となる実刑判決を言い渡されることとなった日本人スパイについて、そのスパイ活動の内容や、日本人スパイの名前と顔写真について調査してみました。

スパイ活動を行って捕まったのが、日本人であるという事実ですら信じられませんが、実際に中国でスパイ活動を行ったことで、実勢を言い渡されることとなった日本人は初めてだと言いますから、かなりの機密情報を調査していたのでしょうね…。

懲役内容は12年とのことですので、出てこられる頃には世の中だいぶ変わっているんでしょうし、そこまでして行う必要があるスパイ活動というものに、僕は全く魅力を感じませんが、そういった使命や職業があったということが、驚きでした。

それでは、今回も最後までご拝読いただきありがとうございました。

では。

Yume。

Sponsored Links
Sponsored Links