安田純平の国籍は韓国?ウマルの意味や本名が気になる!経歴も調査!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんにちは。Yumeです。

シリアで拘束をされていたジャーナリストの安田純平さんから最新の映像が公開されました。

内容は助けを求めるものでしたが、なぜか映像内で安田純平さんは「韓国人のウマル」を名乗っています。

「ん?安田純平さんって日本人じゃなかったの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は「安田純平の国籍は韓国?ウマルの意味や本名が気になる!経歴も調査!」と題して、ジャーナリストである安田純平さんに関して、本当の国籍は韓国なのか?また、動画内で名乗っていた「ウマル」を名乗っていたということは、本名は安田純平ではないのか?ということを調査してみました。

また、安田純平さんという人物の経歴に関しても迫ってみたいと思います。

どうぞ、最後までご覧下さい。

Sponsored Links
Sponsored Links

安田純平の経歴を調査!

上記のような厳しいご意見も一部から聞かれていますが、安田純平さんの今回の動画に疑問を抱いた方は多いのではないでしょうか?

まずは、安田純平さんという人物の経歴に関して迫ってみたいと思います。

“プロフィール”

名前:安田 純平(やすだ じゅんぺい)

出身地:埼玉県入間市

特技:少林寺拳法二段

〜著書〜

・2004年現代人文社:『囚われのイラク』

・2004年PHP研究所:『誰が私を「人質」にしたのか」

・2010年集英社:『ルポ、戦場で稼ぎ労働者』

〜安田純平氏の経歴〜

2007年

信濃毎日新聞社記者に。松本本社に在籍し、以後、計10町村の行政・経済など市民の暮らし全般を担当。北アルプスの山小屋のし尿処理問題を扱った連載「待ったなし 北アし尿処理」に参加。その後、信州大学を担当し、脳死肝移植などを取材。

2002年

3月、休暇をとってアフガニスタン取材。

4月、文化部に異動。

12月、休暇をとってイラクを取材。

2003年

1月末日、退社してフリージャーナリストに。

2月中旬からイラクを取材。一時出国するも開戦直後に偽造「人間の盾」ビザで再入国。ホテルに泊まって勝手に取材するつもりがイラク軍に拘束され、観念してバグダッド南部のドーラ浄水場に入る。その後もイラク警察などに数回拘束されるが、フセイン政権崩壊後まで滞在し、中部ナジャフなどを取材して帰国。

10月、イラクを取材。バグダッドを中心にクルド人地域、サマワなどを取材。

2004年

3月からイラクを取材。主にバグダッドに滞在。

4月14日、バグダッド西方アブグレイブで地元住民の自警団にスパイ容疑で拘束される。

同17日解放。

2005年

1月、スマトラ沖地震・津波で甚大な被害を受けたインドネシア・アチェ州を取材。

2月、アチェ州で、インドネシア軍の軍事作戦に苦しむ津波被害者らを取材。

7月、ヨルダン、シリアでイラク関連取材。

10月、イラク北部を取材。

2007年

2~5月、クウェートでイラク戦争民営化取材のため労働者になるために就職活動。

5~12月、イラク中南部ディワニヤのイラク軍訓練基地建設現場で料理人をしながら取材。

12月~翌年1月、イラクの首都バグダッド・インターナショナルゾーン内の民間軍事会社事務所で料理人をしながら取材。

2008年

10~12月、戦場出稼ぎ労働者の実情でインド、ネパールで取材。

引用:http://jumpei.net/profile.html

上記でご紹介した安田純平さんのプロフィール・経歴を見ると、2003年からフリージャーナリストとして戦地などの危険な場所に赴き取材を重ねて来られた方であることが分かります。

しかし、その報道スタイルは偽造ビザを使用して入国をしたり、拘束をされた経歴があるなどかなり危険なものばかりです。

https://twitter.com/FreshMixedBerry/status/1024237619159289856

戦地の生々しいリアルな現状を世間に知らせようとするジャーナリストとしての活躍はかなりのものだと感じましたが、やはりここまで危険な行為を繰り返してまで戦地の様子を取材しに行くというのは、僕にはとても考えられません。

安田純平さんは、戦地の取材に対してご自身なりのプライドと高い志をお持ちだったということなのではないでしょうか?

安田純平の国籍は韓国?

2018年7月31日。

2015年から拘束され身の安全が確認できなくなっていた安田純平さんから上記のような映像メッセージが公開されました。

内容は「助けてほしい」というものでしたが、映像内で日本語を使いながらも「私は韓国人です。名前はウマルです。今すぐ助けて下さい。」と話しているのが不思議でした…。

なぜ安田純平さんは動画の中で「韓国人のウマル」という人物を名乗ったのでしょうか?

【あわせて読みたい】

安田純平が韓国人のウマルを名乗った理由や意味は?真相がゾッとする

このことにより「安田純平氏は韓国人なのか?」という疑問が浮上しました。

ネットでもこの事実についてかなり多くの方が意見を交わし合っていましたね。

さて、実際のところ安田純平さんの国籍はどこなのでしょうか?

ちなみに、安田純平さんの国籍に関してこのような情報も報道されていました。

こちらは、実際の安田純平さんのパスポートのコピーの画像だそうです。

ここには「純平」とありますが、不思議なのが苗字までも消された状態で報道されたということです。

なぜ、この報道では苗字まで消す必要があったのでしょうか?

上記のプロフィール内でもご紹介した通り、安田純平さんの出身地は「埼玉県入間市」であるとご本人のプロフィールに記載されています。

しかし、こちらのプロフィールはあくまでご自分で記載されたものかと思われますので、パスポートの情報に比べると少し信憑性にかけるように感じる部分もあります…。

そこで次に、ご家族に関して調査をしてることとします。

安田純平さんのご家族は父:安田英昭さん、母:安田幸子さんという方々です。

ちなみに、この情報は2004年に安田純平さんがイラク軍から解放されたときの報道で報じられたもののようですので、確かな情報であると言えます。

ご両親も日本人であるのならば、やはり国籍は「日本」ということになりますよね?

しかし、もしかしたら安田純平さんがご自身の意思で国籍を韓国に変えていたということも可能性としては考えられますよね。

日本の国籍を持っている人であっても、自己で志願をすれば外国国籍の取得ができ、その際には日本国籍を喪失するということです。

引用:https://legalus.jp/international/naturalization/qa-1210

ちなみに、こちらの情報によれば国籍を変えることは可能であるとのこと。

過去に安田純平さんが韓国へ国籍を変えていたとすれば、今回の映像内語られている「韓国人です。」という言葉が本当ということになります。

安田純平のウマルの意味や本名が気になる!

動画内で語られた「ウマル」という安田純平さんが自ら話した名前。

これは一体どういうことなのでしょうか?本名は安田純平ではなく、実は「ウマル」だったということでしょうか?

そこで「ウマル」について調べてみたところ、ウマルというのはアラブ人の男子名の一つであることがわかりました。

つまり、今回の映像の内容を鵜呑みにして考えるのであれば安田純平さんはウマルという名前も持っている韓国国籍の人物ということになります。

しかし、上記でご紹介をしたパスポート情報にもあるように本名が「純平」であることは間違い無いようです。

となると、安田さんが映像内で自分が韓国人であることや、本名ではなく「ウマル」という名前を使った理由が気になります。

【あわせて読みたい】

安田純平|テレビが韓国人のウマルの部分をカットした理由!真相が…

ネットの反応は?

https://twitter.com/norikuma0821/status/860816017806708736

まとめ

今回は「安田純平の国籍は韓国?ウマルの意味や本名が気になる!経歴も調査!」と題して、ジャーナリストの安田純平さんの国籍は韓国なのか?また「ウマル」の意味や本当の本名についてと、今までの経歴をご紹介しました。

映像の中で語られている「韓国人のウマルです。」という自己紹介には謎が深まっていますよね…。

ジャーナリストという職業柄、とても危険な場所へ行くことが多かった経歴をお持ちのようですが、今回の映像は特に大きな話題となりました。

今後の安田純平さんの報道内容や進展がとても気になるところです。

それでは、今回も最後までご拝読いただきありがとうございました。

では。Yume。

【あわせて読みたい】

安田純平が韓国人のウマルを名乗った理由や意味は?真相がゾッとする

安田純平|テレビが韓国人のウマルの部分をカットした理由!真相が…

Sponsored Links
Sponsored Links