気圧変動で自律神経の乱れ!体調の変化に注意しよう!

Sponsored Links

 

春先といっても、5月から6月は天気の変化で
自律神経がうまく働かなくなってしまいます。

疲れやだるさを感じやすくなるのは、交感神経優位が続くことでエネルギーの消費量が増えるからです。

コントロールできない?ちょっとしたストレスからバランスが乱れる?

 

5月から6月というのは、体調の変化に注意することが大切ですね。

季節の変わり目や、雨が近づくと頭痛がしてくるほど気象に敏感な人もいます。

中でも、うつや不安という気分障害にも気象が関わってくることは多いです。

5月から6月となる季節には、「もう夏のような天気だから薄着にしよう!」

と張り切って今年のファッションなどに取り組む人もいれば、部屋の中でも汗ばむくらい

だから真夏のような恰好になっても平気!と油断していたところで風邪もひきやすくなります。

5月から6月の寒暖差に対応するのに、自律神

経のひとつの交感神経優位が続くことで、エ

ネルギーの消費量が増えてきます。

そのため、だるさ、疲れなどを頻繁に感じやすくなってしまいます。

 

自律神経がバランスを崩しやすい?耳の奥の内耳が敏感に感知する!

 

なんとなくだるくて、仕事も遊びも「やる気」がわいてこない。

こんな身体の感覚はどうしたらよいのでしょうか?

自律神経がバランスを崩しやすい季節には、耳の奥にある内耳が敏感に感知することが多いです。

内耳は三半規管や前庭など身体のバランスを保つ器官が集まっています。

交感神経が興奮状態になってしまうのは、内耳が感じとった気圧低下などの情報が内耳の前庭神経を通り、脳に伝達されてそれにより自律神経がストレス反応を引き起こすことからです。

結果的に体調の変化として、うつ気分やめまい、心拍数の増加や血圧の上昇、慢性痛などが悪化する場合があります。

ただ、人間はある程度のストレスには耐えられるようにできています。

自律神経が正常ならば、暑いところでは汗をかくようにできているし、ある場所では血圧が上がるような自然の環境が必要です。

最近は、空調設備が完備された家や部屋で暮らしていることで、昼夜逆転するほど生活リズムも乱れていることに気がついてきます。

それが、継続されていることで自律神経も整いにくく、気圧の変化にもついていけなくなっています。

自律神経を整えると気象病になりにくい体ができる?あなたは乱れやすい方?

 

自律神経が乱れやすいかどうかをチェックしてみる方法があります。項目にチエックして乱れやすいかどうかを確認してみましょう。

 

 

チェック項目

・乗り物酔いをしやすい方だ
・季節の変わり目など体調を崩しやすい
・暑い季節にのぼせやすい、寒い季節には冷えを感じる
・雨の降る前にはめまい、眠気を感じる方だ
・身体を動かす機会が少ない
・肩こりがある
・新幹線、飛行機に乗ると耳が痛い
・偏頭痛持ちである
・几帳面な性格である
・ストレスを感じやすい方だ

 

以上、あてはまる項目が多ければ多いほど自律神経が乱れやすい傾向にあります。

 

自律神経を乱れさない方法とは?食事?運動?

 

チェックの数が少ない場合でも自律神経の乱れには注意が必要です。

体調を崩さないためには、寒暖差や気圧の変化に対応できるよう日頃から身体を鍛えるこ

とが大切です。

自律神経を乱さないためには、何らかの予防と対策が必要になってきます。

 

朝食は食べる?食べない?

食事の回数は1日に3食食べることが基本となってきます。

中でも朝食については、寝ているときの体温を上げ、自律神経を整えるためにとても大切になってきます。

気象病といわれるだるさや疲れ、やる気のなさは、ビタミンB1が有効となります。痛みや自律神経のメカニズムと深く関係し、脳の栄養素や糖質を体内でエネルギーに替える働きをしています。

食事でいえば豚肉やうなぎ、玄米など。適度に摂ることで自律神経を正常にしてくれます。

 

運動はした方がよい?血流を促す運動とは?

 

自律神経を安定させるための運動。それは、ウォーキングや軽めのランニング、水泳などゆっくりと長くできる運動です。

その中でも水泳は自律神経の働きによい刺激を与えるものです。代謝をあげるためには、体温よりも少し低い温度の水の中でゆっくりと体を動かすことです。

身体の代謝がじわじわと上がってきますが、何キロも泳ぐ必要はありません。水泳というよりも水の中をゆっくりと歩くだけでも効果があります。

自律神経の働きが低下していて、めまいや頭痛が出やすい人は、ストレッチや筋トレで首のまわりに筋肉をつけて血流を促すことも必要です。

 

ツボ押し療法は自律神経に効果がある?内関とは?

 

「内関」とは、もともと乗り物酔いや自律神経の乱れに効果のあるつツボです。手首にあるツボでふらつきやめまいなどが現れそうなときに刺激すると症状が収まるツボです。

「内関」というツボは、両手首の内側にあるしわの真ん中から、ひじ方向に指3本分下がったあたりにあります。

左右の腕にあるツボですが、痛みやだるさの感じる方を主に刺激することで効果も高いです。

ただ、体が刺激に慣れてしまうので押しっぱなしではなく、こまめに刺激するようにしてください。

また、指ではなくつまようじなどの根本を使い、ツンツンと刺激するのもおすすめです。

 

まとめ

朝食は意外と1日の中では大切です。栄養のバランスを考えたり、摂りやすいものから摂るようにすることでエネルギー不足を補えます。

極端にいうとコップ1杯の水だけでも、体は活動モードに入るので、食事はとらない場合でもお湯でもお茶でも水分はしっかりと摂るようにしましょう。

Sponsored Links
Sponsored Links