妊娠中になりやすい病気!「耳管開放症」とは?原因や症状、治療方法とは?

Sponsored Links

 

耳管開放症になると不安で情緒不安定になることが多いです。耳管開放症になる原因や症状、治療法とは?ストレスや寝不足でも起こるの?妊娠中に起こりやすい?
耳管開放症について調べてみました。

 

耳管開放症とは?どんな病気なの?妊娠中に多い?

耳管開放症は主に以下のような症状が出ることが多いです。

耳管とは中耳と口頭をつなぐ管のことで、中耳の圧力を調節する働きがあります。

正常な状態では、あくびをしたり、唾をのみ込んだときだけ耳管が開放しますが、耳管が必要以上に開いている場合には、自分の声が耳に響いてうるさい、耳が塞がった感じがする、自分の呼吸音があるなどの症状があります。

わかりやすく言うと、耳管開放症では耳とのどとをつなぐ、耳管が開いたままの状態になっていることです。

通常は耳管は閉じているのが普通で、鼓膜の内側と外側の空気圧を調節する大事な部分です。

耳管開放症は耳の奥にある耳管が閉じたり、開いたりすることで圧を調整します。

耳管開放症になると開きっぱなしになり、鼓膜の張りが弱まることでたるみができ、耳管開放症の詰まった感じの症状がでます。

耳管にこれらの影響が出ることで、耳が詰まった感じ、自分の声が響いて聞こえるなど深いな症状が現れます。

反対の耳管狭窄症は耳管が塞ぎっぱなしの状態で、耳管開放症と似たような症状が出ることがあります。

気になる症状が現れたら早めに耳鼻咽喉科を受診するようにします。

 

“症状”

*気になる症状とは?

・耳鳴りがする

・耳が詰まったような感じがする

・自分の声が響く

・自分の呼吸音が響く

・めまいがする

 

ただ、症状が出始めて一時的に耳管開放症が起きても自然に治癒することもあります。

耳管開放症を疑う場合には、まず以下の方法を試してみるのもおすすめです。

*耳管開放症の症状は「頭を下げると症状が軽減する」といった特徴があります。

筒状の耳管の壁がうっ血することで、分厚くなり、耳管が狭くなることで開放症が和らいできます。

もし、「耳管開放症ではないか?」と疑ってみることがあれば、この方法で試してみることがおすすめです。

耳管開放症の治療法とは!軽度から重症度まで?経過観察も?

耳管開放症の治療法については、耳鼻咽喉科で「あまり症状がひどくない」と診断された場合、経過観察する場合もあります。

症状の度合いにより治療方法を選択します。

 

“治療法”

*治療方法の選択について

・漢方薬を服用する保存的治療方法

・耳管内に薬剤を噴霧する治療方法

・手術をする方法

 

耳管開放症の診断は難しい場合があります。複数の耳鼻科を受診してから、ようやく診断される場合も。

このような時には専門医のいる医療機関を受診することがおすすめです。

妊娠中の耳管開放症の症状とは?情緒不安定になるの?出産後は治ることも多いの?

妊娠中は体にさまざまな症状が出ることも多いです。

耳管開放症の症状もその一つ。

今までに感じたことのない疲労感やストレス、不安を感じるなども起因しているといわれます。

体の症状が続くことで、情緒不安定になってしまうことも。

*妊娠中の耳管開放症の症状とは?

耳管開放症の症状では、電話でも自分の声がボソボソと響いてしまうことも。

つわりで体重が減ることで耳も同時に痩せてしまうことが原因のことも。

ただ、つわりがおさまり、食事が普通にとれてくると自然とおさまる人も多いみたいです。

妊娠後期には自然と症状がおさまり、頭を下げたり、横になることで症状も軽減することが多いようです。

また、症状が出る時期としては個々で違うことも。

妊娠初期に症状が酷い場合や、中期、出産まで続いた場合も。

妊娠中はホルモンバランスが崩れることで症状が出る人もいるみたいです。

妊娠中は体調の変化でストレスや睡眠不足になりやすいですね。

そのため、耳管開放症になりやすい人も。

「出産したら治ってしまった」という声も多いです!

妊娠中、耳管開放症の症状が出た?まずは医師に相談すること!

耳鳴りがする、耳が詰まったような感じがする、自分の声が響く、自分の呼吸音が響く、めまいがするなどの症状がある場合には、それぞれ対応が必要です。

 

“対応”

・耳鳴りや耳が詰まった感じがする

・めまいがする

・自分の声が響く

 

*赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に発症することで、妊婦さん自体には不快感や頭痛などがあることはあっても、胎児への影響は直接的な影響はありません。

眩暈(めまい)を起こすときには、転倒の危険性があり胎児への心配もあります。

症状の辛さ、治療ができないことで、食欲不振や暴飲暴食、不眠などを引き起こすことも。

*どんな人がなりやすいの?

妊娠中やストレスを感じているときや精神的に不安定なとき。

鼻をかんだとき、鼻詰まりが原因で起きてしまうことも。

*眩暈(めまい)による転倒には注意!

耳管開放症の症状を感じている場合には、心的、身体的にとても疲れています。

妊娠中は胎児へ血液や酸素が送られているので、ママが貧血になってしまうことも。

耳管開放症になってしまうことで眩暈(めまい)を起こしてしまうケースもあり注意が必要になってきます。

*妊娠中の耳管開放症について

妊娠中は時間の経過とともに自然に治ることがあります。

妊娠中に耳管開放症になると妊娠中は薬が飲めないことや、体力、心的負担などが大きいため、手術などは難しいです。

*妊娠中の耳管開放症への対処法とは?

妊娠中の耳管開放症の症状はとてもストレスや不安感が強い場合があります。

対処法としては、寝るときに横向きになる、鼻詰まりを解消させることです。

 

“対処法”

対処法とは?

・横向きに寝る

・鼻詰まりを治す

・過労や過剰なストレスをなくす

・水分を多く摂取すること

・針治療をする(医師に相談する)

・漢方薬を使用する(加味帰脾湯(カミキヒトウ)」(医師に相談する)

・花粉シーズンには鼻詰まりの症状が出やすいです、鼻詰まりは耳管開放症を発症させてしまうので、花粉対策も大切になってきます。

・リラックスできる環境を作りましょう。

 

*自分でできるセルフケアとは?

妊娠中にできる対処法として「バスタイム時に耳の裏をマッサージすること」がおすすめです。

マッサージはお風呂に入り、体が温まり血行がよくなります。

耳の裏や周辺をマッサージすることで耳の中や耳の周辺の血流をよくすることができます。

耳管の血管を少しでも膨張させることで、耳管開放症が楽になる場合があります。

 

まとめ

妊娠中はストレスや過労などによりホルモンが乱れてきます。耳管開放症を発症させないためには、できるだけストレスを少なくすることです。「出産すれば治る!」という気持ちを強く持つことも大事です。漢方薬を処方すれば即効性は期待できないですが、ジワジワと効いてきて胎児への影響も少ないとされています。

 

Sponsored Links
Sponsored Links