「AKIRA」作者、大友克洋が2020年東京五輪を予言の正体

Sponsored Links

2020年東京オリンピックが開催される事になり、自国開催は実に56年ぶりの開催という事になります。

その世界の歴史的出来事に日本は大いに盛り上がっています。しかし、30年以上も前に2020年の東京オリンピックの開催を予言していた人物がいます。

漫画家の大友克洋です、彼は自身の連載漫画「AKIRA」の作中で2020年の東京オリンピック開催を描き、それに反対するデモが起こったという描写をし的中させた形になりました。

そのため巷では、「大友克洋は予言者だ」などという事まで言われており話題になっています。

大友克洋の描く漫画「AKIRA」とは

「AKIRA」は1982年に大友克洋によって執筆され、講談社より販売され、1990年にて完結したSFアクションマンガです。

舞台は東京、1982年に新型爆弾により首都は崩壊。これがきっかけとなり第三次世界大戦が勃発し、世界は荒廃していきました。

それから、38年の時が立ち東京は復興の真っただ中、新たな発展を迎えつつあり、東京湾上には高層ビルが立ち並ぶ「ネオ東京」が建設。

そして、そのワンシーンに2020年に東京オリンピックの開催が予定され、その前年にオリンピックの為の再開発工事に大反対して抵抗する一般市民のムードについて描かれているというものでした。

こうした時代背景の中、主人公・金田は、事故をきっかけに超能力に目覚めた親友の鉄雄と共に軍が秘密裏に研究する超能力を巡る抗争に巻き込まれる。

軍が極秘に封印していた最強の超能力者「アキラ」の封印を解き世界征服を試みる鉄雄の暴走を止めるため、金田は仲間たちと協力し戦うというストーリーになります。

予言についての正体

1982年の漫画の作中に2020年東京オリンピックの開催を描き、ピタリと的中させたことや、実際に起こった東京都での国立競技場問題や、東日本大震災からの復興がもたつく現状の中で、

東京オリンピックに反対する意見やデモが起こったりと漫画のワンシーンによく似た状況が起こったことからも予言に対する信憑性は深まっていきました。

本当に予言者なのか?

「AKIRA」の時代背景として2019年が選ばれたのには、予言とは別の意見もあります。

「AKIRA」の連載が始まった1982年は第二次世界大戦終結から37年後だったので、その時間幅をそのまま作中に登場する第三次世界大戦にあてはめると、

ちょうど37年後の2019年が舞台となり翌年がオリンピックイヤーに当たることや1964年に東京五輪が開催された事が日本の戦後復興の象徴でもあるため、

作中のネオ東京でも開催するという設定に至り期せずして予言してしまうという形になったとも考えられています。

 

作者「大友克洋」の発言

 

《漫画の『AKIRA』は、自分の中では、世界観として「昭和の自分の記録」といいますか。戦争があって、敗戦をして。政治や国際的ないろいろな動きがあり、安保反対運動があり、そして東京オリンピックがあり、万博があり。僕にとって東京というのは昭和のイメージがものすごく大きいんですよね》

 

というように述べています。予言しましたとはもちろん語られなかったですが、前述した歴史の時間幅をAKIRAの時代背景のなかで経過させた結果。

そして、オリンピックイヤーの計算の元2020年の東京オリンピックという設定に至ったと考えられます。

そして、作者大友克洋の思い描いたように、東京は常に変化する生き物だと言い、新しい東京を新しい人たちが創っていくと述べていました。

日本もそのように変化し、進化していった結果2020年の東京オリンピックの開催に至ったのだと考えます。

まとめ

「AKIRA」は昭和時代の記録のような作品で戦前~戦後復興までにかけての日本のストーリーを、未来へと舞台を変えて時代背景や年数は違えど、時代は繰り返されていくことを描いた作品だった。

そのため1964年のオリンピック開催も戦後からオリンピックまでの期間を同年数AKIRAの作中で経過させた年数が2020年だったという事である。

期せずしてか確信をもっての事かは、作者本人にしかわからない事ですが、単純にどちらにしてもすごい事には変わりはありません。

それだけオリンピックの開催はすごい事ですし、世界の人々が注目する事でもあります。と同時に国内、海外でも大ヒットした「AKIRA」という作品をもう一度読み返すいい機会になったと思います。

もう一度読み返したら、新たな奇妙な一致に出会う事になるかもしれませんね、2020年東京オリンピック開催、本当に楽しみですね。

オリンピックを楽しもうとしている、皆さまの参考になればと思います。

Sponsored Links
Sponsored Links