【デートで口説く会話術】コンプレックスをホメて間接告白せよ!

Sponsored Links
Sponsored Links

「デートはできるけど、どうやって女の子をベッドに誘うか」

「女の子に好きになってもらいたい」

これは男の永遠の悩みかもしれません。

女の子は「カワイイね」「綺麗だね」と言われると嬉しいでしょうが、もう一工夫あると、より効果があります。

その工夫とは「女の子のマイナスな部分も好きなんだ」と伝えることなんです。

「カワイイね」という誰にでもいえるホメ言葉より、よっぽど効果があります。

今回のポイントは、コレです!

・女の子にコンプレックスを話してもらい、親近感を感じてもらう

・コンプレックスを間接的にホメる

Sponsored Links
Sponsored Links

なぜコンプレックスを話してもらうと、口説けるのか

コンプレックスを話すと、自分の深い部分を話せた、あなたにきいてもらえたという一種の親近感を感じます。

さらに、女の子のコンプレックスに対して「僕は好き」ということで、間接的に告白できます。

もちろんですが女の子に「なんかコンプレックスあるの?」と聞いてはいけません。

「いや実は、私のこんなところがイヤで…」とはならないでしょう。

もしかしたら、あなたにたいして「失礼な人!」と反発心も芽生えるかもしれません。

例えば、あなたが会社の上司に「仕事で悩んでないか?」と聞かれても「はい。こういう悩みがあります」

こう答えられる人は、中々いないのではないでしょうか。

次にコンプレックスを話してもらう会話を紹介します!

コンプレックスを話してもらう会話術

女の子にコンプレックスを話してもらうためには、こう話すのです。

「カコちゃんはカワイイし、悩みとかコンプレックスなんかないよね?」

不思議とこのように話すと「いや、そんなことないよ!」と否定するものです。

すると、、、

「私って、背が低いし一重だし…」

このように、コンプレックスをスラスラと話してくれます。

「コンプレックスないの?」と探るような話し方では、相手も構えてしまいます。

だから「コンプレックスなんかないよね?」という話し方に変えるんです。

これは一つのテクニックです。

コンプレックスを話してもらう理由は、間接告白するため

女の子のコンプレックスを話してもらったあなた。もちろん、このまま終わってはいけません。

コンプレックスをホメて、他の男と差をつけましょう!

女の子にコンプレックスを話してもらったら、すかさず、こう言うのです。

オレは自分より背が高い女の子苦手だな。低い方がかわいいよ。

初恋の人は一重だったよ。オレは好感持てるな。

あくまで「目の前にいるあなたが好き」といわずに「一重の女の子は好き」という「一般的に僕は好きだ」と遠回しに伝えましょう。

間接告白とはなにか?

間接告白とは「あなたが好きです」とストレートにいわずに

「背の低い女の子が好き」「声のキレイな女の子が好き」という一般化して告白することです。

では、なぜそういう遠回しにいうのでしょうか?

もし「あなたが好き」とストレートに言って断られてしまうと、それまでの努力が水の泡です。

間接的に告白をすると、女の子の反応をみることができます。

女の子の気持ちが、充分に温まったかどうか、間接告白で探るんです。そのためにコンプレックスを話してもらい、ホメるんです。

要は、相手の温度がわからないうちに、いきなり告白してしまうと、手痛いダメージを受けることがあります。

これを避ける意味でも、女の子に好意を伝える意味でも、コンプレックスを話してもらい、間接告白することは重要なんです。

間接告白の重要性

間接告白テクニックは、まだそれほど仲良くなっていない女の子にも効果的です。

会ってすぐに「好きだ」「付き合いたい」などといっても、女の子にこう思われるでしょう。

「何この人、チャラい」「どうせ誰にでも言ってるんでしょ」

もちろん、好きと伝えて上手くいく確証があればそれでいいでしょう。

ですが、まだそこまでの仲になっていないなら、間接告白の方が無難です。

コンプレックスをフォローする姿勢を見せると、女の子は、私のダメな部分まで好きになってくれる人なんだ。と感動します。

できれば1回目のデート、できれば2回目までには使いたいテクニックですね!

コンプレックスをホメて間接告白せよ~まとめ

・コンプレックスを話してもらう理由は、ホメるため

・コンプレックスをホメると、他の男がホメないポイントなので違いが出せる

・いきなり「好き」と告白せず、間接告白する

Sponsored Links
Sponsored Links