【注意】タップルで送ってはいけないメッセージ失敗例

Sponsored Links

こんにちは!NewsMonsterの恋愛担当アオイです!

今回は、マッチングアプリで送ってはいけないタブーを紹介します。

メッセージの成功例を学ぶことは大切です。

失敗例も同じくらい大切なものです。

今回は恥を忍んで、僕が実際にマッチングアプリで送ったメッセージの失敗例を話していこうと思います。

Sponsored Links

ライン交換にこだわった

f:id:ryukouaoi:20170725054845j:plain

今の時代、ラインは連絡に必須アイテムですよね。

僕は、ラインさえ教えてもらえれば出会えるものだと思い、ライン交換に躍起になっていました。

ある程度メッセージのやりとりしたあとに

「よかったらライン交換しませんか?」

と持ちかけたところ、時代錯誤の返しが待っていました。

「私ラインやってません。」

いやいや…ラインやってないって、いつの時代の人ですか(。´・ω・)?

 

「タメグチで話そう」と言ってみた

f:id:ryukouaoi:20170211065527j:plain

 

タップルのメッセージのやりとりでは、いつまで経っても相手の女の子が敬語で話すことがよくあります。
僕としては、仲良くなりたい一心で、こう言いました。

タメグチで話そうよ!

すると、こんな答えが。

えっ、何でですか?敬語の方がラクなんですよね

彼女と私には、ずいぶん温度差があった模様。

彼女とのメッセージがそれっきりになったことは言うまでもありません(´・ω・`)

 

メッセージを送りすぎた

f:id:ryukouaoi:20170725054938j:plain

僕はマッチングアプリでは、メッセージを送りすぎない方が上手くいくと思っています。

そんな僕も以前は、会うまで間をつなごうと色々メッセージを送っていました。

「どこに住んでいるの?」
「どんな仕事してるの?」

などなど。なぜか送れば送るほど出会いは遠のくばかり・・・。

相手にしてみれば尋問のように感じていたのかもしれません(‘_’)

 

番外編 よくある断られ文句

f:id:ryukouaoi:20170725055149j:plain

男性としては、カワイイ女の子に会いたいですよね。

それも早急に(笑)

会う話をした結果、断られるのは仕方ない部分はあります。

もっともよくある断られ文句は今は仕事が忙しいので厳しいです。」

これはまあ、よくあるパターンです。

似たようなものでは今月は忙しいので、再来月に連絡ください。」

百歩譲って来月ならまだしも再来月って…。明らかに会う気がないと丸わかりですよね(^^)

さらに、出会い系アプリであるタップルのメッセージとは思えない断られ方もありました。

「別に出会いは求めてないんで」

「彼氏がいますから困ります」

じゃあ何でタップルやっとんねん!!(ー_ー)!!

 

あなたは同じ失敗をしないように

主な失敗メッセージを紹介しました。
断られ文句なんかは、相手の女の子もなかなか面白い断り方をしますよね^^

「これからマッチングアプリをやってみよう」という皆さん、くれぐれも僕のようなメッセージを送らないようにしてくださいね^^

Sponsored Links
Sponsored Links