『インプット・アウトプット・麻雀論』―クリエイティブとは、麻雀である!!―

Sponsored Links

 

※今回取り扱う記事内のテーマの「麻雀」の意味や定義ですが「ギャンブルとしての麻雀」ではなく「健全な遊戯(ゲーム)としての麻雀」と位置付けます。ご了承ください。
(映画の上映前のスクリーンに映し出されるテロップ!)

 

 

どうも、おはようございます、こんにちは、こんばんは。私、この記事の筆者である、ギャグライター&考察ライターなど、をやっております、レモネードスリーパー!!と申します。

皆さん、過去記事は読んでいただけたでしょうか?(唐突!)私の過去記事もありますので、ぜひ、読んでみてくださいね!(拡散希望!)

さて、今回は「クリエイティブな考察コラム」ということで、要するに「クリエイティブ論」で、ございます。

それではご覧ください。三波春夫でございます~!!(ソウルスピリットという名の魂の抜け殻を噴出しつつ!)

 

「インプット」=「牌を加える」、「アウトプット」=「牌を捨てる」

 

では、『インプット・アウトプット・麻雀論』の「クリエイティブ」について語っていこうと思う。いや、思うじゃなくて、やるんだよ!!はい、始めます。

まず、クリエイティブ論の全容を語っていきたいと思う。いや、やる。やるよ、俺。語るよ、俺。……、クリエイティブ論における「クリエイティブ」の「インプット」を「麻雀論」で語ると「インプット」=「牌を加える」ということになる。

皆さんも、麻雀番組や麻雀のスマホゲーム&麻雀のアーケードゲーム(『MJ』シリーズなど)で見たことがあるだろうか?自らの場所(手の前のあたり)へ「牌を加える」というシーンを……。

それが、「クリエイティブ」における「インプット」ということになる。

「クリエイティブ」における「インプット」とは、つまり「カルチャー」を浴びる。ということになるだろう。
「カルチャー」つまり「サブカルチャー」や「ポップカルチャー」等だ。

では、それらの「カルチャー」を「インプット」=「牌を加える」に対して、「アウトプット」とは何なのだろうか?

「クリエイティブ」の「アウトプット」を「麻雀論」で語るならば、「アウトプット」=「牌を捨てる」ということになる。
これも麻雀番組や麻雀のスマホゲームやアーケードゲームなどで、また、麻雀アニメ(アニメ『咲』など)で見たことがある方も多いだろう。

自らの場所(手の前のあたり)にある「牌」を指定の場所へと「捨てる」という行為である。

「クリエイティブ」における「アウトプット」とは、つまり浴びた「カルチャー」を放出させるために執筆したり、喋ったり、いろいろ吐き出すことである……。

それが、「クリエイティブ」における「アウトプット」なのだ……。

「クリエイティブ麻雀論」の全容、お分かりになっただろうか?

 

「クリエイティブとは、麻雀である!!(キッパリ!)」

 

では、この短いスマホサイズでも読める「論文のようなもの」。の「まとめ」に導入していく。

さて、この記事の全容もタネ明かししていこうと思う。いや、やる。俺、やる。はい。やります。

まず、色彩豊かなトラメガを片手に言いたいのが、「クリエイティブとは、麻雀である!!(キッパリ!)」ということである。

これは、「クリエイティブとは、健全な麻雀である!!」とも表現できる。タネ明かしをしていくと……、次の段落に移ろう。

 

このコラムのタネ明かし♪

このコラムのミソは、「クリエイティブ」を「麻雀」に例えて「論文形式」に仕立て上げたところです。これで全容なのですが、もう少し詳しく解説すると、

「クリエイティブ」=「インプット」=「加える」=「牌」=「麻雀」ということと、

「クリエイティブ」=「アウトプット」=「捨てる」=「牌」=「麻雀」ということ

。プラスして「論文形式」ということです。

 

(レモネードスリーパー!!の過去記事)

Sponsored Links
Sponsored Links