『芸人マニアの女性声優・桑原由気』―「面白いもの」から「テクニック」を学ぶ術。―

Sponsored Links

 

 

こんにちは、レモネードスリーパー!!です。

 

読者の方々は、アニメなどを視聴するだろうか?アニメなどを視聴する方々にとっては、桑原由気が女性声優界でも一番か二番かを争う程の「お笑い好き」として有名だろう。

いや、著名という領域に達しているかもしれない。その「お笑い好き加減」は、底知れぬものであり、底なし沼の奥底にも匹敵するほどに底深く奥深いものがある。

今回は、私が知っている桑原由気の一端をお教えしたいと思う。この記事が、読者の方々のために有益になることを願って。スターオーシャンアナムネシスに誓って。

よろしくおねがいしま~す(由紀さおりのナレーションで!)。

「桑原由気」の「ラジオ」での「トーク力」!!!

■はじめに

この考察コラムでは「声優としての桑原由気」ではなく「MCとしての桑原由気」そして、「ラジオパーソナリティーの桑原由気」を取り扱ってコラムを執筆していく次第だ。よろしいだろうか?

以上が、前文である(全文ではなく!)。ショートショートベリーショート!!

■桑原由気の現在&この考察コラムの構造

桑原由気は現在、私の知る限り、『桑原由気・本渡楓のパリパリパーリィ』と『まなべる!ライトノベル』にラジオパーソナリティ(MCやアシスタント)として出演している。

この考察コラムでは、『まなべる!ライトノベル』という女性声優(声優)の大久保瑠美と一緒に桑原由気が出演しているラジオ番組で見せる、トークテクニックを、私が分析したので、それにキャプション(文章)を付け加えて、時系列3!!!形式で考察(&披露!)していきたいと思う。披露というか開陳なのだが。

■桑原由気のトークの構造

その前に私見だが、桑原由気のトークの構造について、触れておきたい。

桑原由気のトークは、桑原自身が見聞きした「お笑いラジオ(JUNKやオールナイトニッポン)」や「お笑いライブ(マニアックなものからメジャーなものまで!例えば、「ゆにばーす」のライブ。など。)」や「お笑い番組」等を分析して、自身のテクニックにしている「勉強家タイプ」だと察せられるのだ。

いわば、「トーク界の勉強家」や「ラジオ界のガリ勉タイプ」だと察せられるのだ。それが、桑原由気のトークの構造である。

桑原由気はトークのテクニックを今、この瞬間も分析によって、刀のように磨いている。はずだ。

「桑原由気」の「トークテクニック」時系列3!!!

※この「トークテクニック」は私が『まなべる!ライトノベル』の某回で分析した桑原由気のトークテクニックです。なお、このトークテクニックは、ラジオ番組の時系列で追っています。

 

■③エピソードトークを〝前フリ(つかみ)〟にする。

(筆者)これは、大久保瑠美がエピソードトークを発した後に、すかさず、桑原由気もエピソードトークを発していたと記憶しています。要するに「エピソード+トーク」を「前フリ」つまり「つかみ」にしているのです。すなわち、小説で言う「書き出し」の部分です。WEBライティングで言う「導入文」の部分です。様々な業種の方々に対応可能なトーク術ですよね。

■②カラミにくい相手のトークは他の人に任せて自分はスルーする。

(筆者)これは、カラミにくいラノベの編集者さん(キャラが立ちすぎている方)がゲストとして出演された際、カラミにくい相手とのトークは、他の人、つまり、大久保瑠美に任せて、桑原由気本人はスルー。といった構図ですね。これは、居酒屋へ行く方、つまり、サラリーマンや、コミュ障の方にオススメのトーク術です。

■①かわいらしいトークをする。

(筆者)これは、女性声優ならではのテクニック(そーゆー、業界ルール!)。かわいらしく話し、イジられたり、ホメられたりを、大久保瑠美と桑原由気の二人がしていました。百合ですね。女性声優志望の方々にオススメのトーク術です。

あっ、女性にもオススメですよ!

 

以上で、この考察コラムを締めくくります。

では、いつか、また(豪華客船に手を振りつつ!)。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Sponsored Links
Sponsored Links