北海道地震2018火力発電所復旧はいつ?停電理由や被害状況も!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんにちは。Yumeです。

2018年9月6日深夜3:08に震度6強とすごく大きい地震が、北海道胆振地方中東部を襲いました。

被害状況は広範囲にわたり、建物の崩壊、地面の陥没・液状化、断水、停電などライフラインが破壊されています。

その中でも電気が使えないとできることが本当に限られてくるので、停電が続くと本当にまずい状況になると思います。

なので今回は「北海道地震2018火力発電所復旧はいつ?停電理由や被害状況も!」と題して、広範囲の地域が停電になった理由やそれによって引き起こされる被害状況をまとめつつ、北海道の火力発電所の復旧はいつになるのかを調べていきたいと思います。

では早速本題に入っていきましょう。

【合わせて読みたい】

Sponsored Links
Sponsored Links

北海道地震2018火力発電所の停電理由や被害状況!

まずは停電の理由を見ていきましょう。

6時現在の北海道電力の発表だと、

地震の影響で火力発電所が緊急停止して、電気の使用・発電量のバランスが崩れたため北海道全域295万戸が停電に陥っているみたいです。

どうやら北海道の電力需要の半分を火力発電所が担っていたようです。

その発電所が緊急停止した影響でバランスが崩れ、他の発電所も停止してしまい全域の停電に繋がったようです。

停電による被害状況はライフラインや交通機関に多大な影響を与えているようです。

電気がなければ水の供給もできなくなり計画断水を実施しなければなりませんし、クーラーや扇風機も回せないので熱中症も懸念されます。

それに電気がないので信号が機能しておらず、現場で警察などが交通整理をしているのが現状です。

なので個人としてできることは水の確保をしっかりしておくことや、窓を開けるなどして風通しをよくすることがいいかもしれません。

北海道地震2018火力発電所復旧はいつ?

停電は何時まで続くのか、いつ復旧するのかが気になるところです。

調べてみたところ、未だに復旧の目途は立っていないようです。

現在は4か所の水力発電所(高見、東の沢、雨竜、金山)を再起動させ、苫東厚真火力発電所に電力を流し立ち上げに取り組んでいるところのようです。

火力発電所が動かなければ、他でいくら発電しようが供給ができないためこの苫東厚真火力発電所が立ち上がるかどうかが肝になるようです。

苫東厚真火力発電所が復旧すれば他の発電所の復旧可能になるため、立ち上がれば順次停電の解消が見込まれるようです。

早く復旧してくれればいいのですが…

ネットの反応は?

https://twitter.com/godjapan3/status/1037484327703998464

停電の復旧の目途が立っていないのでいつ通電するかわからない状況です。

通電した際火災が発生する可能性もあるのでブレーカーを切っておくなどの対策をした方がいいかもしれません。

後は停電が長くなれば水の確保が困難になりますので確保できる方は貯めておくのをお忘れなく。

まとめ

今回は「北海道地震2018火力発電所復旧はいつ?停電理由や被害状況も!」と広範囲の地域が停電になった理由やそれによって引き起こされる被害状況をまとめつつ、北海道の火力発電所の復旧はいつになるのかを調べてきました。

復旧の目途が立っていないのが非常に厳しい状況です…

発電所の作業員は大変だと思いますが頑張ってほしいところですね。

そして停電の影響が深刻なので、個人でできることはやっておいた方がいいです。

途中でも書きましたが水の確保や通電の際の火災予防、それにクーラーや扇風機が使えないので窓を開けるなどで温度調整をするなどできることは色々とあります。

何時までこの状況が続くかわかりませんが、最善の行動をとってこの状況を乗り切りましょう。

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

では!Yume

【合わせて読みたい】

Sponsored Links
Sponsored Links