霧島連山・えびの高原硫黄山噴火による被害エリアや範囲は?

Sponsored Links

2018年4月19日午後3時39分頃に宮崎県と鹿児島県の県境にある霧島連山・えびの高原硫黄山が噴火しました。

霧島連山・えびの高原硫黄山は県境にあるため、噴火のニュースを聞いて心配に思う方も多いかと思います。

火山が噴火したとなれば、その被害の状況もとても気になるところ。

今回は「霧島連山・えびの高原硫黄山噴火による被害エリアや範囲は?」と題して、被害予想範囲について調査してみました。

最期までどうぞお付き合い下さい。

Sponsored Links

霧島連山・えびの高原硫黄山噴火による被害エリアや範囲は?

宮崎県と鹿児島県をまたぐ位置に存在する霧島連山・えびの高原硫黄山。

まずは、その詳しい位置を確認していきましょう。

霧島連山・えびの高原硫黄山の位置は?

こちらが霧島連山・えびの高原硫黄山の位置です。

町からは離れた位置にあるようですが、その被害の状況は気になるところです。

噴火経過レベルは?

えびの高原の硫黄山から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

引用:https://weather.goo.ne.jp/volcano/552/

「噴火に伴う噴石及び、火砕流」とありますので、その噴火の勢いの凄まじさが分かります。

また、噴火警戒レベルは2→3へと引き上げられたようです。

ちなみに、噴火警戒レベルによる指示の内容は下記の通りです。

噴火警戒レベル2=火口周辺規制

噴火経過レベル3=入山規制

噴火による被害エリアや範囲は?

えびの高原の硫黄山から概ね2kmの範囲では、噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石及び火砕流に警戒してください。

引用:https://weather.goo.ne.jp/volcano/552/

正式発表された情報によると「2km範囲内」は危険が伴うようです。

近くにいらっしゃる方は、今後の火山の活動も活発化されることも予想されますので、速やかに避難して下さい。

 

まとめ

今回は「霧島連山・えびの高原硫黄山噴火による被害エリアや範囲は?」と題して、今回の噴火による災害エリア・範囲を調査しました。

自然災害は予想できるものでもないので、今回の災害による被害が少ない物となることを祈るばかりです。

少しでもこの情報が皆さんのお役に立てればと思います。

また、新しい情報が入り次第、被害エリアや範囲情報の他にも追加していきたいと思いますので、

気になった方はブックマークをお願いします。

最期までご覧いただきありがとうございました。

では。

Sponsored Links
Sponsored Links