台風7号2018飛行機のフライトへの影響は?関東上陸はいつ頃?

Sponsored Links

こんにちは!Yumeです。

関東まではすでに梅雨明けが発表されてはいますが、台風が続いています。今回は台風7号が発生したようです。

台風7号はどんどん勢力を増しているようですので、テレビなどの報道でも注意を呼びかけています。

そして、台風の発生に伴って、飛行機を使って出かける予定だった方はフライトへの影響も気になるところではないでしょうか?

そこで今回は「台風7号2018飛行機のフライトへの影響は?関東上陸はいつ頃?」と題して、台風7号の関東地区への上陸時期や飛行機のフライトへの影響についても調査してみました。

飛行機を使用した遠出を検討されている方のお役に立てればと思います。

Sponsored Links

台風7号2018の関東上陸はいつ頃?

「プラピルーン」と名付けられた台風7号が発生しました。

台風7号は勢力を増しており「危険な台風」と呼ばれそうなほど、その勢力を強めています。

2018年7月2日時点で、沖縄では風速43.7メートルもの風が吹き、風で転倒をして怪我をした方もいらっしゃるようです。

さらに、1600世帯で停電が発生しており、100人余りが公民館に避難を余儀なくされています。

本州への上陸は2018年7月3日9時頃とされており、風の強さは35メートルと報道されていますので、今後の台風7号の動きに注意して見ていきましょう。

関東に一番近づくのは2018年7月4日頃とされています。

台風7号2018飛行機のフライトへの影響は?

台風7号が発生してしまったことで、飛行機に乗って沖縄方面へ行く予定の方は「しっかり飛行機飛んでくれるかな…。」と不安になっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、ここでは飛行機のフライト情報などをご紹介できればと思います。

このように、大手航空会社からはすでに台風7号により沖縄那覇空港への発着便に影響が出ているようです。

これだけ大きな勢力を持った台風であれば仕方のないことではありますが、フライト状況の変更は非常に困るものがありますよね。

最新のフライト情報は、上記情報内からそれぞれの航空会社の情報を確認することができますでので、飛行機のご利用予定のある方は、事前に確認をしてから予定を立ててみて下さいね。

まとめ

「台風7号2018飛行機のフライトへの影響は?関東上陸はいつ頃?」と題して、台風7号プラピルーンによる飛行機のフライトへの影響や関東上陸はいつなのか?ということを調査してみました!

沖縄ではすでに被害が出ているようですし、これからも勢力を増していく台風ということですので、飛行機を利用する方だけでなく、外出のご予定のある方はくれぐれもお気をつけ下さい。

台風の影響でこれ以上の大きな被害などありませんように…。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました!

では。

Yume。

Sponsored Links
Sponsored Links