梅雨のお悩み解決!濡れた靴を早く乾かすポイント

Sponsored Links

これから来る梅雨によく出てくる悩みが、靴が濡れてしまうこと。濡れた靴を履くのって、本当に気持ちが悪いですよね!一度濡れた靴はなかなか乾かないのに、「明日も履かなきゃいけない靴なのにどうしよう…」と困った経験は誰しもあるはずです。

今回の記事では、濡れた靴を早く乾かすためのポイントについてお話ししていきます。雨の時期に備えて、靴の良い乾かし方を知っておきましょう!

洗濯機で脱水する

スニーカーなどの洗える靴ならば、濡れたのを機に一度きれいに洗ってしまいます。そして、洗濯機に入れて脱水をかけると、洗ったままの状態よりも格段に水分の抜け方が違います。

でも、靴を衣類用の洗濯機に入れるのに抵抗がある方も多いですよね。洗う時には洗剤を使ってしっかり洗い、片方ずつ靴を不要なバスタオルでくるんでから脱水にかけると、靴が洗濯槽に触れることなく脱水できるので、洗濯機の汚れを軽減できます。

 

水気を拭き取る

洗ったり洗濯機に入れられない革靴などは、タオルや雑巾などで抑え拭きをしてしっかり水分を拭き取ります。

中敷を外して吊るして干す

靴を寝かせて置いたまま乾かすより、吊るして干す方が効率よく乾きます。中敷はよく水を吸っているので、中敷は外してください。吊るせるところがなければ、ペットボトルに靴の履き口を引っ掛けて立てておくと良いですよ。

靴の中に新聞紙を詰める

靴の特に乾きにくいのは、つま先部分です。つま先部分に丸めた新聞紙をしっかりと詰め込んで、しばらく置いて水が染み込んできたら、新聞紙を取り替えることを数回繰り返します。

そのうちあまり新聞紙に染み込まなくなってくるので、そうなったらそのままの状態で乾かします。この時、靴の水分が新聞紙に向かうように、靴の向きはつま先を下にして乾かします。

靴の中にキッチンペーパーを詰める

新聞紙の代わりにキッチンペーパーでも同様の効果があります。

浴室乾燥の下に干す

綿のスニーカーなど温風に当たっても大丈夫な素材なら、浴室乾燥をオンにしてその下干すと、乾くのがかなり早まります。

扇風機の風を当てる

温風に当てられないナイロン製の靴や長靴、革靴などは、扇風機で風を当てながら乾かすと、靴周りの湿気を飛ばすので早く乾きます。乾きにくい靴の中に風が入るように靴を配置しましょう。

靴の中にカイロを入れる

靴を乾かすための意外なアイテムはカイロです!カイロは空気中の水分を吸収することで反応熱が発生する仕組みになっています。

靴の中に一つずつカイロを入れておくと、カイロが水分を吸収して発熱し、熱で水分が蒸発しやすくなり、一晩で靴が乾きます。靴の水分がカイロに向かうように、つま先を下にして乾かします。

カイロの温度は最高で60〜70度まで上がるものもあるので、熱に触れない方が良い素材の靴(ナイロン製や革製など)には残念ながら使うことができないので気をつけてくださいね!

 

まとめ

 

靴が雨で濡れてしまった時には、靴の水分をできるだけ取り、風や熱に当てながら乾かすことで、早く乾くんですね!カイロが靴を乾かすのに効果があるなんて驚きです。

今回の靴の乾かす時のポイントについてまとめてみます。

・洗濯機で脱水したり、布で拭き取るなどして靴の水分を取る

・靴は中敷を外して吊るして干す

・つま先部分に新聞紙やキッチンペーパーを入れて水分を吸う

・浴室乾燥や扇風機の風を当てながら乾かす

・靴の中にカイロを入れておく

これからの季節、雨で靴が濡れてしまった時には、ぜひこれらのポイントを実践して、スッキリと乾いた靴を履いてお出かけしましょうね(^^)

Sponsored Links
Sponsored Links