意外と面白い!?ダーツの魅力お伝えします!!

Sponsored Links
Sponsored Links

 

「ダーツ」の画像検索結果

趣味をお探しの方へ

皆さんはダーツの経験はありますか?

最近でこそ若い方は結構やっているイメージですが、年配の方や主婦の方がいきなり始めるにはなんとなく敷居が高そうなイメージのスポーツではないですか?

いえいえ、全くそんなことはないんです!!

そもそも僕がダーツをはじめた理由は

「ダーツを投げれるのかっこいい~」「大人なスポーツ!!」

というミーハーな理由です。

また、スポーツとして認識されてますが、動き回るものではないので、運動が苦手、体力に自信がないって方でも気軽にできますよ!

今回は興味はあるけど実際やったことないし、お金かかるんじゃないかって思われがちなダーツを紹介したいと思います。

 

 

ダーツとは

一説によると戦争(14~15世紀)中、兵士たちがワイン樽に矢を投げ遊んだことが、ダーツの起源なんて言われてるんですよ!!

19世紀になると、的の点数区分が考案され、今のボードの原型ができ上がります。屋内で楽しむスポーツとして広まり、1970年代後半以降、国際スポーツへと発展していきます。

ダーツは歴史のあるスポーツなんですね!!

ダーツの基本的なルール

・ダーツは1ラウンドにつき3本投げ、それをワンスローとします。

・ダーツボードから少し離れた位置にあるスローイングラインの後方から矢を投げなければなりません。

・矢がボードに刺さらなくても1投と計算されます。

基本的にはまず覚えなければならないルールはこれだけです。

 

よく遊ばれるゲーム

カウントアップ

一番シンプルで簡単なゲームでもあります。
1投ごとに得点を加算していき、合計得点を競いあいます。シンプルだけど一番実力が分かるゲームです。

ゼロワン

301、501、701、1001など決められた持ち点を0に近づけていくゲーム。
一番早く、0にした人の勝利となります。持ち点がマイナスになると前の得点からスタートします。

クリケット
クリケットは非常に戦略性が高く、初心者難しいと思います。一言で言うと陣取り合戦です。数字の15~20と真ん中だけを使って競う遊び方です。

 

ダーツをやるならここがオススメ

僕がオススメするのはネットカフェです!

バーやゲームセンターなどで投げるにしてもダーツは料金は1プレイ100円です。

しかしネットカフェなどでは、時間で決まってる為、投げ放題です。

そして、これも始める方には知っておいてもらいたいのですが、ダーツは持ってなくても借りられます!

試しに一度投げに行ってハマったらマイダーツを買えばいいのです!
実際マイダーツを揃えるにしても料金は一万ほどあればとりあえずは揃えられます。

まとめ

・初めてでも入りやすいゲームセンターやネットカフェでも出来る。
・ネットカフェだと料金は投げ放題(3h1000円前後が相場かなと)
・ダーツをもっていなくても始められる。

どうですか?全然敷居の高さなんてないですよね!
ダーツ投げてる姿ってかっこよくないですか?
ダーツ自体わからないって方はYouTubeなどで検索すれば簡単にたくさん出てくるので見てみることをお勧めします。
投げてる姿のカッコよさを見て、カッコ良いと思ったらもう投げに行っちゃいましょう!

最後になりますが、

ダーツは一人でも十分楽しめますし、集中できます!

しかし、パートナーや友人などといっても楽しいですよ!

対戦もできますし、一人で集中しながらやるダーツと、誰かと話しながらワイワイやるダーツはまた違った楽しさがあります!

もし興味を持ってくださる方がいたらぜひ一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後まで見てくださりありがとうございました!

 

Sponsored Links
Sponsored Links