2020年東京オリンピック人気競技ランキングTOP5

Sponsored Links

2020年にとうとう待ちに待った「東京オリンピック」が開催されます。

1964年に東京五輪が開催されて以来の、実に56年ぶりの開催という事になります。当時のオリンピックは日本のスポーツ界において大きなインパクトを与えました。

金メダル16個含む計29個ものメダルを獲得

「世界に追いつけ、追い越せ」をスローガンに世界三位のメダル獲得数を誇りました。

果たして今回はどのような競技でまた、夢をみさせてくれることでしょうか。

2020年東京オリンピックの人気競技TOP5

 

そして、オリンピックには多くの競技が行われます、大きく分けて33競技が行われます、その中でも男子、女子、階級、距離など細かく枝分かれし、各上位3メダルが授与されていきます。

その数ある競技の中でも一番人気のある競技とは一体何でしょうか?

今回はそんな疑問にお答えするべく、「2020年東京オリンピックの人気競技TOP5」をご紹介していきたいと思います。

今ランキングは、他サイトランキングや口コミなどを参考に作成させていただいております。

第5位 テニス

5位にランキングしたテニスは、やはり今、世界で活躍中の日本人、錦織圭選手、大坂なおみ選手の影響が大きいようです。

世界的プレイヤーの活躍や実績にメディアや人々が注目し、テニス自体の人気も高まり、テニスプレイヤーの人口増加や、トッププレイヤーのオリンピックでの活躍を観たいというファンも多い事が人気の秘訣とも言えます。

テニスの注目度が高まっている中、どのような活躍を見せてくれるのかは、ファンのみならずとも期待してしまいます。

 

第4位 体操

ヒトの肉体を極限まで駆使し、華麗にして優美な、そして力強い演技を見せてくれる体操競技この競技もオリンピックの人気競技として確固たる地位を築いているようです。

そして古くから、日本の活躍が目覚ましい競技の一つと言えます。1996年オリンピックから日本男子体操の獲得総メダル数は世界1位の実力を誇ります。

金銀銅あわせて今までに97個のメダルを獲得しています。(97個うち金は31個で2位)

また、今現在も世界で活躍している、日本のエース内村航平選手や白井健三選手の活躍を期待するファンも多いようです。

これらの選手や男女ともにハイレベルな日本の体操技術にメダル獲得の期待が高まっていることもランクインの大きな要因と言えます。

第3位 サッカー

世界で2番目に競技人口の多いスポーツと言われるサッカー、チームプレイから個人プレイまで美しさや力強さ、感動まで与えてくれる世界で最も影響力の強いスポーツです。

いうまでもなく、ワールドカップを始めさまざまなリーグなどの試合結果が各メディアから大きく取り上げられ、日本を大いに盛り上げてくれるスポーツ、サッカーです。

プレイするだけでなく、感染する事も大いに楽しめ、大人から子供まで人気の幅も広いです。

現在、日本でも独自のリーグ(Jリーグ)が大いに盛り上がっており、その若き選手たちが世界にどのくらいまで通用するのかという事にも注目が集まっています。

サッカー自体の人気を考えていけば、オリンピックでも人気の競技となる事は容易に想像がつくほどにサッカーのメダルの行方は気になります。

 

第2位 水泳

美しい水の中に荒々しくも美しく、速く泳ぐ姿は見ている人に夢を与えてくれ、オリンピックは選手たちにとっても夢を叶える場でもあります。

それほどに水泳は人気が高く、水で泳ぐことが人々にとってどれほどまでに愛されてきたのかがわかります。

そんな水泳は、年々スポーツのトレーニングも科学的に目覚ましく進歩したことや、才能豊かな選手たちの登場により、その記録を塗り替えていっています。

記録を塗り替えるたびに、身体能力や英知も含め、大きく前進した達成感を感じることが出来ます。親身になり選手を応援するファンたちにもその達成感を共有できるスポーツです。

ルールなども単純明快で素人目にもわかりやすく、短い時間で勝敗が決する見やすさも人気の一つと言えます。

また、日本人選手の世界での活躍に期待しているファンも多くメダル獲得の可能性が高い事からも人気が高まっているようです。やはり、同国の選手が活躍する姿、日本が世界一になる姿を観てもいたいものです。

 

第1位 陸上競技

さらに単純明快、ヒトの持てる肉体のみを使い競技に挑み記録を残す。さすがはオリンピックの花形競技と言えます。

その人気の陸上競技の中でもやはり一番の注目は100m走です、世界中の誰もが行った事のある競技でそのすごさも一目でわかり簡潔にして迅速に決着がつきます。

そしてオリンピックという世界が注目する中、記録はウサイン・ボルト選手によってどんどん塗り替えられてきました。(現世界記録 100m 9秒58)

2020年この記録は塗り替えられるのか、世界最速の男と呼ばれるウサイン・ボルトに代わるヒーローが誕生するのかといったところにも期待が寄せられ人気を博しています。

また、日本人でも「9秒の壁」と言われるほどにそのタイムを縮めることは難しいいとされてきましたが、これを破る日本人の出現(桐生祥秀選手)にもおおきな期待が寄せられています。

 

まとめ

以上がオリンピックの人気競技上位5でした、メディアの反響や、従来通りの人気競技に納得ができたように思います。

日本人選手の世界での活躍が今からとても楽しみに思います、そして人類はさらに早く、強く進化しているのか?

新たな感動が生まれることはもはや約束された、2020年オリンピックをぜひ興味を持ち、この記事を読みさらに楽しんでいただけることを願っています。

Sponsored Links
Sponsored Links