藤田信雄の家族の今現在は?本や映画作品情報!海外の反応も調査!

Sponsored Links
Sponsored Links

こんにちは!Yumeです。

戦時中に誕生した日本の影の英雄。藤田信雄さんのことをあなたはご存知でしょうか?

日本ではあまり有名ではありませんが、なんと戦時中に単身アメリカ本土に突入し、爆撃を成功させた人物なのです!

そして、藤田信雄さんのすごいところはこれで止まりません。

なんと、戦後には攻撃を行ったアメリカから英雄のような扱いを受けているのです。

「敵国に英雄扱いされるって一体どういうこと?」と疑問に思った方も多いことでしょう…。

そこで今回は「藤田信雄の家族の今現在は?本や映画作品情報!海外の反応も調査!」と題して、戦時中の日本の影の英雄である藤田信雄さんについて、海外の反応や、今現在のご家族に関する情報。そして、波乱万丈な藤田信雄さんの人生を描いた本や映画に関する情報もご紹介していきたいと思います!

テレビだとアンビリバボーでも取り上げられたりもしていたので、ご存知の方も多くなってきているかもしれませんね!

それでは、どうぞ最後までご覧下さい!

Sponsored Links
Sponsored Links

藤田信雄のプロフィール

“タイトル”

名前:藤田信雄

生年月日:1911年10月〜1007年9月30日

出身地:豊後高田市

所属:大日本帝国海軍

軍歴:1932年〜1945年

最終階級:中尉

除隊後:ブルッキングス市の非公式大使

藤田信雄の海外の反応は?

アメリカ本土に爆撃をした唯一の日本人として、アメリカでもその勇気を讃えられるほどの存在である藤田信雄さん。

当時の作戦の内容からか、日本国内ではそこまで知名度が高く無いことが残念ですよね…。

しかし、アメリカではかなり高評価のようです。そこで、ここでは海外の反応を見ていければと思います!

そしてやはり、一番注目したい海外の反応としてはアメリカでの反応が気になるところですよね。

冒頭でも少し触れたように、藤田信雄さんは、ホイーラーリッジに焼夷弾を落とし、ブルッキングズの東側約15kmの地点で小規模の火災を起こしたことで有名ですよね。

現場となった場所は前日の雨の影響で湿っていたため、期待されていたほどの影響をアメリカに与えることはできなかったようですが、その攻撃はアメリカを動揺させるのには、十分な影響力だったとされています。

単身本土に乗り込んだわけですから、もちろん命の保証はありません。本当に素晴らしい勇気と行動力だと思います。

1962年には、アメリカ政府が藤田信雄を探していると池田勇人首相と大平正芳内閣官房長官に面会した時に告げたことで、アメリカ政府に出向くことになった藤田信雄さん。

このときのエピソードは、藤田信雄さんにとって、やはりとても恐ろしいエピソードだったようで、自決用に刀を忍ばせてアメリカ政府に渡ったそうなのですが、現地到着後は思わぬ歓迎ムード。逆にこの刀をアメリカのブルッキングズ市に贈ったとのことでしたね。

また、アメリカで藤田信雄さんの評価が高いのは、この勇気だけではなく、その攻撃が人を狙ったものではなかったことも高評価に繋がってるようです。

戦争中の出来事がのちに、敵国から讃えられるだなんて普通では考えられないですよね。
その後も、藤田信雄さんは何度もブルッキングズを訪れては植林活動をしたり、市長や友人を乗せてセスナを操縦したとのこと。
藤田信雄さんは、1997年にご逝去されましたが、逝去の数日前にブルッキングズ市の名誉市民にもなられました。
なんだか、ほっこりするような感動的なお話ですよね!

藤田信雄の本や映画作品情報!

藤田信雄さんの人生はまさに、ドラマチック。

よくこのようなエピソードはノンフィクション作品として映画化や書籍がされていますが、藤田信雄さんの場合はどうだったのでしょうか?

調査したところによると、どうやら映画化の話はあったものの実際には映画化はされていないようです。

しかし、これだけのエピソードですからテレビなどでは何度か映像化されていますよね。もしかしたら今後映画化されるという可能性も十分あるのでは無いでしょうか?

もしかして、海外の反応的に見ても、英雄のように讃えられている藤田信雄さんなので、アメリカの監督により映画化されるだなんてこともあり得ますよね!

また、本に関しても調査してみました!

本としては、2014年9月に倉田耕一さんにより書籍化されていました。

下記が実際の本になりますので、気になった方はご覧になってみてはいかがでしょうか?

藤田信雄の家族の今現在は?

藤田信雄さんがご逝去された後、現在でも娘さんとその息子(孫)もブルッキングスを訪問し、交流が続いているそうですから、本当にご縁というのはありがたいものですよね!

さて、まずはご家族を語る上で必要なので、このエピソードの少し前に遡ってみたいと思います。

戦争から帰ってきた藤田信雄さんは家族を養うために、金物の行商をはじめました。

藤田金属という企業にまで会社を成長させて社長を務めていらっしゃいます。

そして、その後息子さんにこの藤田金属を継いでもらいました。

しかし、そこで「めでたし。めでたし。」といかないもだったようで…。

息子さんの代になってから15億円もの負債を抱えて倒産することになってしまったのです。

息子さんは会社経営が得意ではなかったんですね…。

そこで、隠居をするわけにもいかなくなった藤田信雄さんはパイロット時代の後輩に頼り、再就職をします。最初は運転手から始めたその仕事もさいしゅうてきには82歳まで務めあげ、社長にまで登り詰められました。

こうしてみると、戦争のエピソードだけではなく藤田信雄さんという人物の人生がどれだけ波乱万丈だったかというこうことが分かりますよね…。

さて、藤田金属を倒産にまで追い込んでしまった息子さんや、その他のご家族は今現在どのようにして暮らしているのでしょうか?

調査をしてみたところによると、この後のご家族の情報に関しては特定することはできませんでした。

しかし、この章の冒頭でも触れたように、娘さんとその息子さんが今でも藤田信雄さんが築いてきたご縁を大切にされ、過ごされているようです。

息子さん系統の方の今現在もとても気になりますよね…。

さらに調査を進め、情報が分かり次第追記致します。

まとめ

今回は「藤田信雄の家族の今現在は?本や映画作品情報!海外の反応も調査!」と題して、日本の知られざる英雄である藤田信雄さんについて、海外の反応や波乱万丈な人生を描いた本や映画はないか?また、ご家族は今現在どうしているのか?ということについて調査してみました!

日本ではあまり知られた存在ではありませんが、その功績を讃えアメリカでは英勇のように扱われていたことが分かりましたね!

このエピソードを聞けば、藤田信雄さんはもっと日本でも取り上げられるべき人物だと僕は感じました。

いつか映画化してくれたら絶対にみに行きたいですね!

それでは、今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

では!Yume

Sponsored Links
Sponsored Links